この星の格闘技を追いかける

【Bellator107】注目プレリミはパトリッキーがベウトを完封

2013.11.09

<ライト級/5分3R>
パトリッキー・フレイレ(ブラジル)
Def.3-0:30-27, 30-27, 29-28
エジソン・ベウト(米国)

慎重な立ち上がりの両者。まずはベウトが左ローを蹴り込む。ワンツーを放ったパトリッキー、ベウトは再び左ローを返す。パトリッキーも左ローを見せ、ローの交換のあとに左を伸ばす。ベウトも左フックを繰り出すが、互いにクリーンヒットはない。と、パトリッキーの右がヒット。ベウトは引き続き左ローで試合を組み立てる。右ローを交換した両者、左ジャブの相打ちはパトリッキーが打ち勝つ。残り1分、パトリッキーは右ボディフック、ベウトも右を顔面に打ち込み、前に出て右ロを叩きこむ。ベウトの左をパトリッキーがブロックしたところで1Rが終了、優劣のつけようがないラウンドだったが、パンチの精度と前に進む姿勢でパトリッキーが取ったか。

2R、ベウトの左ローにパトリッキーがワンツーを放つという初回と同じ立ち上がりに。パトリッキーは飛び蹴りを見せると、ベウトが左のダブルを繰り出し、流れを引き寄せようとするが試合のテンポはあまり変わらない。左ミドルを放ったパトリッキー、攻撃は単発だ。パトリッキーのアッパーをかわし、アウトから引っ掛けるような左を放ったベウトだが、これも手ごたえはない。パトリッキーの左フックでバランスを崩しかけたベウト、ダメージがあるわけではなく、すぐに右ローを入れる。

残り90秒、右から左フックを打ち込んだパトリッキー、この一発でベウトがダウンする。寝技を避けたパトリッキーがスタンドで待ちうけ飛びヒザへ。着地と同時にシングルでテイクダウンを奪ったベウトはボディに蹴り上げを受けてもトップをキープ。最後の5秒で座った状態のパトリッキーに左右のフックを打ち込んだが、このラウンドはパトリッキーのモノとなった。

最終回、後がなくなったベウトだが、一気呵成に攻める隙をパトリッキーは与えない。そのパトリッキー、左ジャブから右ローで距離をコントロールする。そしてベウトのパンチの振りが大きくなかったところでカウンターを狙っていく。結局、下がるシーンが増えたベウトは飛びヒザを避けたが、右を受けてテイクダウン狙いへ。スプロールしたパトリッキーが再び間合いを支配する。右オーバーハンドを被弾したベウトのハイキックは空振りに。

パトリッキーは右から左を放ち、テイクダウンを潰して逆にトップに。スクッと立ち上がったパトリッキーは、追ってスタンドに戻ったベウトの右ミドルこそ受けたが、パンチは最後までほぼ完封。プレッシャーを与えたままタイムアップを迎えた。試合終了と同時に右手を突き上げたベウトだが、どう考えても判定をモノにしたことは考えられない。結果、3-0でパトリッキーが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie