この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX20】メレンデスに快勝、バルボーザがタイトル戦線に浮上か

<ライト級/5分3R>
エジソン・バルボーザ(ブラジル/6位)
Def.3-0:30-27,30-27,29-28
ギルバート・メレンデス(米国)

1R、お互いフェイントを掛け合い、メレンデスが右ストレート。続けてメレンデスが右を放つと、バルボーザは右ローを合わせる。メレンデスはバルボーザの左足にシングルレッグを仕掛けるが、バルボーザは足を抜いてカット。再びスタンドでフェイントを掛け合う。メレンデスは右アッパーから右ストレート、バルボーザは少し下がるように。メレンデスがパンチを打つフェイントを仕掛けると、バルボーザは左ミドル。蹴り足をキャッチしたメレンデスはテイクダウンを狙うが、これもバルボーザは足を抜いて再び距離を取る。バルボーザは左ミドル、さらにメレンデスの左フックに左フックを合わせる。メレンデスの右をもらってフラつくバルボーザ。しかしすぐに体勢を戻し、メレンデスにプレッシャーをかけていく。互いに左右のフックを振り合うなか、メレンデスの右アッパー、バルボーザの左フックが当たるなど激しい打ち合いに。終了間際にバルボーザが右飛びヒザを見せて1Rを終えた。

2R、メレンデスの右ストレートをバルボーザは左腕でブロック。メレンデスはダブルレッグを仕掛けるが、バルボーザは振り払ってディフェンス。スタンドに戻り、バルボーザが右ローを何度も当てると、バランスを崩すメレンデス。さらにバルボーザが右ストレートで追い打ちをかける。メレンデスは距離を取りサークリングするも、距離が詰まったところで、バルボーザが左ミドル。さらに右ロー。劣勢のメレンデスが、ここで右ストレートを当て、バルボーザをグラつかせる。ダブルレッグでバルボーザをケージに押し込んだメレンデスだったが、これはテイクダウンはならず。バルボーザの右ストレートに、右ショートを合わせるメレンデス。次第にメレンデスがプレッシャーをかけていくが、ラウンド終了間際にバルボーザがダブルレッグでテイクダウン。パウンドをメレンデスの顔面に集めたところで2Rが終了した。

最終R、開始早々からバルボーザが右ローを連打。さらに左フックを顔面に当ててから右ローを繰り出すと、メレンデスの動きが止まる。さらにバルボーザの右ローでバランスを崩すメレンデス。バルボーザはメレンデスの右をステップバックでかわし、さらに右ロー。メレンデスはダブルレッグを狙うもテイクダウンできず。バルボーザは距離を保ち、右ローを打ち続ける。終了間際、両者が手を上げて勝利をアピールして試合を終えた。

メレンデスの右ストレートとテイクダウンをディフェンスし、右ローでダメージを与え続けたバルボーザに、2人のジャッジがフルマークをつける裁定で、バルボーザが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie