この星の格闘技を追いかける

【TUF23】これが頂の高さ──ウィル・ブルックスが接戦の末、ロス・ピアソンに競り勝つ

<ライト級/5分3R>
ウィル・ブルックス(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ロス・ピアソン(英国)

Bellator世界ライト級王座を手放し、UFCと契約を果たしたブルックスのオクタゴン初陣。まずはローを蹴り合い、左ジャブを伸ばす。続いて左ミドルを入れたブルックスに対し、ピアソンは左ロー。大きく開いたスタンスでもローをしっかりとカットしていくブルックスがテンカオを入れる。ピアソンは左フックも、ブルックスは再びヒザを繰り出す。ワンツーからヒザ、組み付いたブルックスがピアソンをケージに詰める。

左エルボーを入れたブルックスが、再びテイクダウン狙いへ。シングルを防ぐピアソンに左の細かいパンチを打っていく。自ら離れたブルックスは左ストレートも、ピアソンがヘッドスリップでよける。ピアソンは右ボディ、左を当てたブルックスも右ローを返す。2度目のテイクダウン狙いも防がれたブルックス。ピアソンが逆にケージに押し込むも、ブルックスも再び態勢を入れ替えてヒザを蹴り合った。

2R、前に出るピアソンに右アッパーを見せたブルックス。ピアソンも素早い左ジャブを入れる。ブルックスは左ヒザ、ピアソンは構わずパンチを返す。左ローから左ヒザという素早いコンビネーションを見せたブルックスは、ついにダブルレッグ&アウトサイドトリップでテイクダウンに成功する。足を抜かれにようクローズドのピアソンに、ブルックスが右のパウンドを落とす。ガードが割れパス狙いのブルックスは、背中を向けて立ち上がったピアソンのバックへ。

ピアソンは足のフックを外し、ケージを背負いながら体を入れ替える。残り1分、再びピアソンを金網に押し込んだブルックスが右エルボー、ヒザ蹴りから右アッパーを打ち込む。ケージ中央に移動するなか、ブルックスは右ボディ。ヒザ蹴りを押し返すようにトップを取ったピアソンだが、このラウンドはブルックスが取ったか。

最終回、左フックを入れたピアソン、アッパー、右と立て続けにパンチを打ち込む。ブルックスのダブルレッグをスプロールしたピアソンに、左ヒザが突き刺さる。ここでケージ際の組み合いとなり、押し込んだピアソンのヒザ蹴りがブルックスの急所に入り、試合が中断。すぐに再開されると、ブルックスがワンツー、ピアソンが左フックを当てる。

ピアソンは首相撲からヒザ、離れて左ジャブを入れると左ボディフック。ブルックスは左エルボー、ワンツー、ピアソンが間合いを外しボディストレートから左フックでブルックスをぐらつかせる。大きく息をするブルックスに左ミドルから左ボディ、続いて顔面に連打を入れるピアソン。ブルックスは動きが落ち、ボディを連打される。ピアソンはさらに右エルボーを入れ、ケージにブルックスを詰める。

押し返したブルックスが離れると、首相撲から左。ピアソンは左ミドルを効かせたが、ブルックスはピアソンを振りますように一気にテイクダウン。即スタンドに戻ったピアソンとヒザの応酬から、左エルボーを打ち込む。残り30秒、ケージに押し込まれたブルックスはアッパーを受けながら、ヒザ&ヒジを叩きこむ。ここでタイムアップに。


3Rは恐らくブルックスが取ったが、2回はブルックス。初回がどのように判断されたか──結果、ジャッジ3者とも29-28でブルックスが判定勝ちを手にした。「長い間、この時も待っていた。エディ・アルバレス、ベルトを持っていろよ。他団体(ベラトール)でお前と戦えなかったからな」と安堵の表情を浮かべつつ話した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie