この星の格闘技を追いかける

【UFN90】打撃戦で競り勝ったマクデッシが、バクダッドからスプリット判定で勝ち切る

<ライト級/5分3R>
ジョン・マクデッシ(カナダ)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
メディ・バグダッド(フランス)

左の素早い前蹴りを見せたマクデッシ。バグダッドのジャブを見切り、蹴り足を掴んでいく。右ストレートから左フックをヒットさせたバグダッド、リーチを生かして距離を掴んできたか。続いてワンツーから右ローを蹴り込む。マクデッシは後ろ回し蹴りを放ち、鋭い踏み込みとバックステップで対抗する。ダブルのジャブから右ストレートを入れたバクダッド、続く右ハイは惜しくも空振りに。

マクデッシは左ハイを蹴り込んだが、これは当たりが浅いか。ローに右を合わせ、逆に右ローを決めるバクダッド。マクデッシの左フックにも右アッパーを返したバクダッドが、印象点で上回る初回となったか。

2R、バクダッドのジャブに対し、マクデッシはローを返す。ならばと右ローを蹴り込むバクダッド──主導権争いが続く。マクデッシはスピニングバックフィスト、とバクダッドが蹴りを放ったあとにバランスを崩し尻餅をつく。それでも左フックから右ローのコンビネーションを見せたバクダッドだが、やや疲れてきたか。

一方、マクデッシは後ろ回し蹴りを繰り出し、左ジャブから右ストレートを伸ばす。続いてワンツーを決めたマクデッシは、ロー以外にクリーンヒットのないバクダッドのボディにスピニングバックキックを決める。バクダッドの首相撲にも、左右のフックで離れたマクデッシがラウンドを取り返した。

最終回、右ストレートから首相撲、ヒザ蹴りでダウンを奪ったバクダッドは、何と跳びつき十字を見せる。これは腕を取ることができず、引き込むような形に。期せずトップを奪取したマクデッシはガードの中からボディに細かいパンチを入れるが、ダメージを与えるようなパンチを落とすことはできない。

自らスタンドに戻ったマクデッシは、左フックを受ける。それでも左ボディストレートや左ロー、スピニングバックフィストとマクデッシが反撃へ。残り30秒になり連続でマクデッシが左フックをヒットさせると、ラッシュを掛ける。と、バクダッドが引き込むように背中にマットをつける。このままトップをキープして試合終了を迎えたマクデッシ。

結果、この終盤のラッシュが効いたかマクデッシがスプリット判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie