この星の格闘技を追いかける

【UFN88】激しい打撃戦を制したラーキンが、スプリット判定でマスヴィダルに勝利

<ウェルター級/5分3R>
ロレンツ・ラーキン(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ホルヘ・マスヴィダル(米国)

互いにジャブを出し合い、マスヴィダルが右ロー。ラーキンは左フックを見せてから左ローを蹴り込む。様子の展開が続くなか、ラーキンが左ミドルをいれる。ギアを上げた両者、マスヴィダルの右フックにラーキンは左ジャブから右ストレートを入れる。鋭いローを入れたラーキンに距離を詰めたマスヴィダルがスピニングバックキックから右ストレートをヒットさせる。直後のクリンチの攻防で右エルボーをマスヴィダルが放ち、ケージにラーキンを押し込む。

離れ際にパンチを交換した両者、ラーキンの右ストレートからアッパーを織り交ぜ、左ハイへ。これを避けたマスヴィダルが、ローでバランスを崩したラーキン具にアイポークされジャンプし、キャンバスを叩いて痛がる。一発減点でも良いようなタイミングのアイポークだった。

2R、左の蹴りを連続で見せた直後に、二段蹴りで右ハイを放ったラーキン。ブロックしたマスヴィダルが笑顔を浮かべてローを返す。ラーキンは右を入れ、左エルボー。左ローから右と、打撃の回転数でマスヴィダルを圧倒する。対応が後手後手に回るマスヴィダルが、右エルボーを受け組まれる。マスヴィダルはケージを背にしながら首相撲やクリンチの状態でエルボーを2発返し、左のショートから右をヒット。

ローを受けたマスヴィダルは右ミドルと右ロー、ラーキンの右フックに合わせて組んでいく。ケージ際で体を入れ替えながら、右エルボーをマスヴィダルが入れると、ラーキンが右ストレートを打ち込む。ラーキンは接近戦で右を2発被弾したが、一旦離れてダブルレッグでテイクダウン。直後にラウンド終了となった。


3R、前に出るマスヴィダルが右ストレート。ラーキンの左ミドルでパシっという音が館内に響き渡る。右ストレートを入れたマスヴィダルは、スタンディングギロチン。頭を抜いたラーキンが左フックを打ち込むと、テイクダウンへ。マスヴィダルはギロチン&スイープ。ラーキンがスクランブルから立ち上がる。

そのラーキンをケージに詰めてダブルレッグを決めたマスヴィダル。続いてラーキンの立ち上がり際にバックを取る。胸を合わせて離れたラーキンが右アッパー。残り1分でラーキンは左ミドル。マスヴィダルは組んでエルボーを打ち込む。残り10秒で体を入れ替えたラーキンはダブルレッグ、これを解いてスピニングバックエルボーを繰り出したところでタイムアップに。

結果、判定はスプリットとなりラーキンが勝利した。そして、勝者は初回のアイポークを詫び、ファンに「テイクダウン、見ただろ?」とドヤ顔で語った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie