この星の格闘技を追いかける

【EBI06】ジャクソンもオーバータイムのエスケープ合戦でチェシエフに下る

<準々決勝/10分1R>
ルスタム・チェシエフ(ロシア)
Def.OT
DJ・ジャクソン(米国)

胸を合わせて組み合う両者。引き込んだジャクソンがハーフガード、左腕を差してスイープを狙うも、チェシエフがニースライス。一旦体を起こしたジャクソンがハーフをセットアップし直す。左ワキを差し、ジャクソンの背中をマットにつけさせたチェシエフがキムラを狙う。これが解かれるとジャクソンはエレクトリックチェアーとエスケープの連係狙いか。ワキの差し合いが続くが、チェシエフがキムラへ。体を滑らせ正対したジャクソンがレッグロックを狙う。

足を抜いたチェシエフ、両者がスタンドに戻るとバックを取ってグラウンドへ。すぐにエビを使って正対したジャクソンだが、首を取ったチェシエフががぶりからプレッシャーを強める。ロールし場外際となり、試合がマット中央に戻るとチェシエフがパスから、反応したジャクソンを再びがぶる。このまま起き上がったチェシエフが、テイクダウンに成功しサイドへ。体を捩じってスクランブルに持ち込んだジャクソンが引き込む。ハーフから右腕を差したジャクソンを潰すチェシエフは、ギロチンへ。腹ばいになり、スクランブルに持ち込んだジャクソン。残り2分を切り、ジャクソンがシングルレッグから引き込む。

チェシエフはニースライスパスを狙い、残っている足を取りに行くフェイントからパスを決める。残り30秒、ハーフに戻したジャクソンにチェシエフがヒザ十字を仕掛けようとしたところでタイムアップとなった。

延長はDJが即バックからエスケープ。とジャクソンはスパイダーウェブを選択。足を抱えにいったがチェシエフが腕を抜いた。

2Rはチェシエフも腕十字を選択。体を起こしたジャクソンが、ここも足をすくわれそうになったところでエスケープに成功した。ここでジャクソンはバックを選択、立ち上がったチェシエフが前方に落とし、足冠狙いも防いで延長最終ラウンドへ。

スパイダーウェブのチェシエフは、ここも極めきれず。ジャクソンはバックからRNCも前方に落とされ延長も終了。より早くエスケープに成功したのは22秒のチェシエフで準決勝進出が決まった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie