この星の格闘技を追いかける

【Top FC10】イ・ミング、蹴りでチェ・ヨングァンを制しTop FCフェザー級新チャンピオンに

<TOP FCフェザー級選手権試合/5分3R>
イ・ミング(韓国)
Def.2-0
チェ・ヨングァン(韓国)

フェザー級王者チェ・ヨングァンの初防衛戦。遠い距離でステップを踏むチェ・ヨングァンが、踏み込んで右アッパーを見せる。続いて右ストレートを当て、組みついたチェ・ヨングァンがケージにイを押し込む。回って距離を取ったイ・ミングは鋭い左ハイ。頭に受けそうになったチェ・ヨングァンに続いて、右前蹴りを放つ。王者はショートアッパーからフック、挑戦者が切れのある右ローを蹴り込む。飛び込んでボディロックの状態となったチェ・ヨングァン、両ワキを差してケージに押し込むが動きがないとすぐにブレイクが掛かる。

イ・ミングの右ローをキャッチしたチェ・ヨングァンは、テイクダウン狙いから頭がイにギロチンを仕掛ける。すぐに頭を抜いて引き込みすら許さなかったイは右に回って王者の攻撃をかわす。フックから右のショートアッパーを入れたチェ・ヨングァン。続いて左ミドルから左フックを打ち込む。イ・ミングは右ロー、左ミドルも鋭いがこれは距離が合わない。チェ・ヨングァンがショートの連打で前に出ようとしたところで初回が終わった。

2R、手をマットに着いた構えからテイクダウンに出たチェ・ヨングァン。ケージを背にして倒れなかったイ・ミングは左ローを走らせ、王者のローに右を合わせる。ならばとイ・ミングの左ローに右フックを当てるチャンピオン。イ・ミングは右ミドルを入れ、右ローへ。飛び込んだチェ・ヨングァンの左フックに、左ミドルを返したイだったが、続くローが急所に当たり試合が中断する。両ヒザをついて苦し気なチャンピオンは背中を叩かれケージを背にして座り込む。

3分間の中断で試合が再開されると、イ・ミングが左ミドル、チェ・ヨングァンは左右のフックを振りながら前に出る。イ・ミングは左ミドル、直後に左ハイを入れると頭に蹴りを受けた王者が組みついてく、これを切ったイ・ミングは左ミドルからワンツー、チェ・ヨングァンも左右のフックを返す。ローに右を合わされバランスを崩したイ・ミングに対し、チェ・ヨングァンは右ロー。イ・ミングもワンツーからローを返す。スイッチして多彩な蹴りを繰り出すチャレンジャー、王者は前に出てパンチを振るというスタイルを崩さなかった。

最終回、左前蹴りを顔面に決めたイ。チェ・ヨングァンの前進に左フックを合わせる。左ロー&左ミドルを連続で見せたチャレンジャーにチェ・ヨングァンが右をヒットさせる。イ・ミングは右ストレートを返し、左ミドル。チェ・ヨングァンがローに右ボディストレートを合わせ、右ローに右フックを叩きこむ。プレッシャーを強めるチェ・ヨングァンに左ミドルハイを放つイだが、鋭いローや左ミドルを放つ押され気味に。チェ・ヨングァンがニータップでテイクダウンを成功すると、一気にバックへ。ケージに頭をつけて懸命にクラッチをはがそうとしたイをチェ・ヨングァンがバックスローで投げ捨てる。

バックマウントを狙ったチャンピオンを前に落としたイ・。試合は足を止めての打ち合いに。ここでイ・ミングが首相撲から右ヒザ、離れてもまたヒザをボディに入れる。左ミドル&左ローを入れたイだが、ここはテイクダウンでラウンドを失ったか。非常に裁定が難しい3つのラウンドが終了。ジャッシの裁定は2‐0でイ・ミングに凱歌が挙がり、TOP FCフェザー級新チャンピオンが誕生した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie