この星の格闘技を追いかける

【RFC29】打撃、テイクダウン→スプロール。世界レベルのファイトでスーチョルがブリメージに勝利

<バンタム級/5分3R>
キム・スーチョル(韓国)
Def.3-0
マーカス・ブリメージ(米国)

小刻みなステップから前蹴りを見せたブリメージに対し、スピードのある打撃を返したキム・スーチョル。ブリメージが組みつくと、ケージを背にして首相撲からヒザを入れる。離れた両者、ブリメージが打ち込むとキム・スーチョルは再び首相撲からヒザ、さらに左フックを入れる。続くシングルレッグはかわされたが、ミドルキックを入れて続くダブルレッグでキム・スーチョルがしっかりとテイクダウンを奪う。

ブリメージは立ち上がると近距離でアッパー、キム・スーチョルは右フックからヒザを入れ、テイクダウン狙いを切る。引き続きミドルから首相撲に捉えたキム・スーチョルだが、ブリメージもこの対戦でフックを連打する。キム・スーチョルは離れて、右ハイ一閃。真後ろに倒れたブリメージは、ここも立ち上がってヒザを受けても組んでいく。続く右ハイをかわしたプリメージは、キム・スーチョルの執拗な右ハイをキャッチしてテイクダウンに成功する。背中を預けて立ち上がったキム・スーチョルは、残り10秒となり気を抜いたのか、大きく後方に投げられラウンド終了を迎えた。

2R、すぐに距離を詰めたキム・スーチョル。迎え撃ったブリメージとパンチの交換のなかで頭がぶつかる。ブリメージは右眉の辺りを大きくカット。ドクターチェックが入り、ワセリンがタップリと塗られたプリメージが試合再開に応じる。再開直後に再び殴り合いになるとキム・スーチョルのヒザに負けず、ブリメージが左右のフックを打ち込む。ここで一旦離れた両者、ブリメージにアイポークがあったと試合が中断。

再開後、キム・スーチョルはシングルレッグでテイクダウンに成功、パウンドを落とす。キム・スーチョルが立ち上がると、ブリメージも立ち上がり右ハイを今度はブロックし、続くテイクダウン狙いを切る。前に出続けるキム・スーチョルと迎え撃つブリメージ。キム・スーチョルは首相撲に捉えるが、ここもブリメージが左フックを打ち込んでいく。

キム・スーチョルもパンチを入れ、離れるとスピニングバックフィスト――これは空振りになり、ダブルレッグで距離を詰める。ケージにブリメージを押し込んだキム・スーチョルは左フックをよけて、互いにクリンチアッパーを打ち合う。足払いを防ぎ、左右のフックを返したブリメージも驚異的な粘りを見せ、思い切りスピニングバックフィストを狙う。これを右手一本でブロックしたキム・スーチョルは、ブロックの上から右ハイキックを叩き込み、続いてヒザを入れた。

最終回、左ローを入れ離れたブリメージは飛びつくようにダブルレッグを仕掛ける。これをスプロールしたキム・スーチョルは、右ハイからパンチで詰めてテイクダウンに成功。要所を締め、先手を取り続けるスーチョルに対し、ブリメージは粘りのファイトで立ち上がる。キム・スーチョルは組んでドライブするも、動きが止まり背中を殴れる展開がケージ際に続き、ブレイクが掛かる。直後のブリメージのダブルレッグを完璧にスプロールしたキム・スーチョルが、逆に続く局面でダブルレッグを決める。

トップを取ったキム・スーチョルが鉄槌、ブリメージの蹴り上げにも足首を掴んで引き寄せて立たせない。上を取られたブリメージはスイッチバックから立ち上がり、キム・スーチョルをケージに押し込む。残り1分、スタミナが残っているのはブリメージか。しかし、ブリメージもケージに押し込む展開を選択し、打撃戦を仕掛けることなく最後に首相撲にフックを入れた時点でタイムアップに。

激しい打撃、テイクダウン&スプロールというワールドクラスの攻防を制し、キム・スーチョルが元UFCファイターから判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie