この星の格闘技を追いかける

【RFC29】エンドレスの打撃戦――キム・ミンウがムン・ジェフンにリベンジ達成

<バンタム級/5分3R>
キム・ミンウ(韓国)
Def.3-0
ムン・ジェフン(韓国)

前回の対戦ではムンが辛勝した一戦、互いにジャブを出し合いキムが距離を詰める。左ジャブから右ローを入れたキム、ムンは左ボディストレートを返す。キムのジャブ、ムンのローが入り、両者のパンチが激しく交錯する。キムの右フックに、ムンはアッパーを打ち込む。首相撲からヒザをボディに入れたキムが目に指が入ったとアピールし、試合が中断する。

再開後、キムは勢いのある右ローを入れ左ストレートを伸ばす。ムンは右フックを返し、右ロー。キムは首相撲に取るも、すぐに離れる。両者の右フックが交錯し、キムは左前蹴りで一旦突き離す。続く前進にスッと距離を取ったムンは思い切りフックを3発振るうが空振りに。キムは左を入れ、トリプルのジャブ。キムの右ローにムンは右フック、さらにその逆のパターンが見られた一進一退の攻防は、加点法でどのように差がついたのだろうか。

2R、ムンの左ミドル、続いて右フックがヒット。さらに前に出るところでキムは下がらず、左ハイを繰り出し、左ストレートにつなげる。ローを受けたキムが飛びヒザも、僅かに届かず。手に汗握る打撃戦が続くなか、ムンがローに右フックを合わせる。キムも左ローを入れ、ミドルをブロックすると左ストレート。これはムンがダッキングでかわす。キムは首相撲で固めて右ヒザ、強引にペースを掴みに掛かる。

ローを入れて距離が近づくと、しっかりとガードを固めるキムに対し、その上から当てるムンの攻撃。ケージ中央で足を止めてワンツーからスリーまで見せる両者は一歩も引かない。残り10秒を切って右ハイを見せたキム、全く勝負の行方は分からない打撃戦が続いた。

3R、ムンは構えを変えるが、距離を潰したキムが右ミドルを入れる。受けずに入れる攻防と、打たれたら打ち返すという戦いが織り交ざった一戦は、最終回の中盤はやや手数が減ったと思いきや――。両者はパンチから蹴りをまとめて前に出る。ワンツー&ミドル、ヒザを狙ったキム。近い距離でのヒザを刻んでいく。ムンは左ボディアッパーから右フック、キムの左ハイをブロックする。と、またも両者足を止めて打ち合い、ここは打ち勝ったキムが間合いを外す。

キムの右ローで、前に倒れたムン。すぐに立ち上がって前に出るが、キムのカウンターが待ち受けている。それでもは左を伸ばし、右を振って前に出るムン。その顔面を左で打ち抜くキムは、左を顔面に正確に入れる。下がらないムンにキムは右ミドルハイ、最後の10秒でヒザからハイを繰り出したキムが、最終回は有効打が多かったか。結果、ジャッジは3-0でキム・ミンウを支持。リベンジを果たすとともに時期バンタム級挑戦権を獲得したか……。シュートノーティスで出場したムン・ジェフンともどもアッパレな戦いぶりだった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie