この星の格闘技を追いかける

【REAL04】芦田崇宏、セネガルのシセに持ち味出させず(?)三角絞めで一本勝ち

Ashida【写真】シセを寄せつけず。未知強には当たりはずれがあるが、それもREALの楽しさの一環だ(C)SUSUMU NAGAO / FIGHTING GLOBE

<フェザー級T準々決勝/5分2R>
芦田崇宏(日本)
Def.1R2分41秒 by 三角絞め
モウサ・シセ(セネガル)

前日計量で100gオーバーしたため、減点1からのスタートとなったシセ。”セネガルの鳥人”の異名通り、サウスポーからジャブを突いて打点の高い飛びヒザ蹴りを発射する。しかし芦田はシングルレッグで組みついてテイクダウンを奪って、サイドポジションで抑え込む。しがみつくシセに対して、芦田はボディにヒザ蹴りを落としてマウントへ。パンチを落としながら三角絞めを狙い、最後は自分が下になる形で三角絞めを極めた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie