この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC16】フレイが前王者チブルシオの前進許さず、3-0で判定勝ち

<女子アトム級/5分3R>
ジン・ユ・フレイ(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
エリカ・チブリシオ(ブラジル)

浜崎に王座を奪われて以来の復帰戦となるチブリシオが、フレイに右ローを入れる。サウスポーの構えから右ジャブを伸ばすフレイの左フックに、チブリシオが右を合わせる。フライも鋭い左ローを返すが、チブリシオが続いて右ストレートをヒットさせる。チブリシオはプレッシャーを強め、右ストレートから前に出る。フレイも左ミドルなど、小気味良い蹴りを見せるが、チブリシオの勢いが上回っている。左を被弾しながら、ローを入れて前に出るチブリシオ。フレイはサウスポーの利点を生かして左ミドルを決めるも、チブリシオは踏み込んでショートフックを連打する。フライが左フックを打ち返したところで初回が終わった。

2R、まず右ローを入れたチブリシオ。フレイが左ストレートを返す。チブリシオは右フックから左フックをケージ際で入れるとフレイが、初めてクリンチを狙う。離れたチブリシオに左ストレート、左フックを放つフレイは足を使って攻撃をかわしていたが、前に出たところで右ストレートを打ち込まれる。フレイも勢いのあるワンツーを打ち返し、左前蹴りでチブリシオを突き離す。ワンツーのタイミングを掴んだフレイが、再び右から左を打ち込む。それでも前に出るチブリシオが右を顔面に入れ、フレイが左ミドルを返す。終盤、フレイの左ハイにも前に出たチブリシオだったが、ここで左ストレートを受けホーンと同時に尻餅をついた。

最終回、勢いを増したフレイ。右から左を入れてスッと距離を取る。右の相打ち、前に出るのはチブリシオでローにフレイが左を合わせようとする。カウンターファイターのフレイに対し、前に出てもクリーンヒットはなかなかないチブリシオは左右のローは入れていく。一度も、テイクダウンの仕掛けがないまま試合は残り2分に。フレイの左ストレートに対し、チブリシオが左ロー。右を打ち合った後にフレイの左ストレート。最後の10秒を切り、フレイの左ミドルをキャッチしてテイクダウンに成功したチブリシオは、試合終了と同時に雄叫びを挙げて――ケージに上った。

そんなパフォーマンスも空しく――フレイが3-0の判定で前王者を破った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie