この星の格闘技を追いかける

【Pancrase277】網膜剥離から復帰=石川英司戦へ。久米鷹介「粘り強さ、自分を貫き通す強さがある」

Takasuke Kume【写真】日沖の復活を支えてきた久米が、4月に自らの復帰戦を戦う(C)MMAPLANET

昨日、一昨日と4月24日(日)に東京都江東区ディファ有明で開催されるPancrase277のラインナップが発表された。

KOPライト級チャンピオン徳留一樹がベルトを巻いて初めて戦うのが、元UFCファイターのアクバル・アレオラ。KOPフェザー級王者アンディ・メインの長期欠場を受け、牛久絢太郎と田村一聖の間で暫定王座決定戦が組まれることとなった。

仙三とマモルのフェザー級戦、ボブ・アームストロング×新村優貴のミドル級などタイトルを睨む試合の一群にライト級マッチ=久米鷹介×石川英司も発表された。昨年8月に一度は組まれていた顔合わせだが、久米の網膜剥離が発覚し緊急手術が必要となった。

その8月大会では石川は代役クリスMANに残り16秒、ギロチンで逆転負けを喫したが、10月大会ではドミニク・ロビンソンとのタフなケージレスリングマッチで勝ちきった。今や石川版無限ループといっても過言でない、ハードなスタイルで勝利を目指すベテランと、ナム・ウィチョル戦で果てしない削り合いを経験してきた久米の顔合わせは非常に興味深い。1年振りの実戦に戻る久米、石川戦への意気込みは以下の通りだ。

久米鷹介
「最初に多くの人のお陰で、良い病院に出会い治療してもらうことができ、網膜剥離が完治しました。自分をサポートしてくれた方にお礼の言葉を述べたいです。そして、再び試合を組んでくれましたパンクラス、了承してくださった石川選手に感謝します。

石川選手とクリスMAN選手の試合は見ていないのですが、結果や試合記事からもMMAという戦いの難しさを感じました。その敗戦があってもドミニク・ロビンソン戦で石川選手が自分の展開をやり切って勝ったことは素晴らしいと思います。あの戦いをやり切ることはしんどいです。粘り強さ、自分を貫き通す強さを感じました。

4月の試合ではまず、自分の態勢を作る。その流れを作るために、自分の仕掛けを大切にしていきたいです。自分のリズムに持ち込み、苦しい展開になっても妥協せず、その姿勢をキープし石川選手を削っていきたいと思います。

1月に(日沖)発さんがパンクラス緒戦で勝利したことは本当に嬉しかったです。僕は発さんの強さやテクニックを日々、身をもって感じているのでセコンドに就いていて、ホッとした部分が大きかったです。僕も発さんに続き、しっかりと勝って良い流れをつないでいきたいです」

■ 対戦カード

<バンタム級/5分3R>
ビクター・ヘンリー(米国)
アラン・ヒロ・ヤマニハ(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
徳留一樹(日本)
アクバル・アレオラ(メキシコ)

<暫定フェザー級K.O.P.T./5分5R>
田村一聖(日本)
牛久絢太郎(日本)

<フライ級/5分3R>
仙三(日本)
マモル(日本)

<ライト級/5分3R>
久米鷹介(日本)
石川英司(日本)

<ミドル級/5分3R>
ボブ・アームストロング(ニュージーランド)
新村優貴(日本)

<フライ級/5分3R>
荻窪祐輔(日本)
山本篤(日本)

<フェザー級/3分3R>
稲葉聡(日本)
中原由貴(日本)

<バンタム級/3分3R>
ハルク大城(日本)
蓮實光(日本)

<ネオブラッドTフェザー級/3分3R>
木村一成(日本)
藤崎航太(日本)

<ネオブラッドTフェザー級/3分3R>
平山学(日本)
鈴木琢仁(日本)

<ネオブラッドTライト級/3分3R>
ベン・ブッカン(英国)
山本雄希(日本)

<ネオブラッドTライト級/3分3R>
三苫亮人(日本)
小林裕(日本)

<ネオブラッドTウェルター級/3分3R>
五十嵐涼亮(日本)
阿部大治(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie