この星の格闘技を追いかける

【WSOF27】大流血のウィリスがテイクダウン&コントロールで完勝

<ウェルター級/5分3R>
ジャリール・ウィリス(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
チャンシー・フォックスワース(米国)

ワンツーから組み付いたウィリスが腰をコントロールしてテイクダウンに成功する。そのままサイドを取るも、フォックスワースも左ワキを差して立ち上がる。胸を合わせた状態でヒザを突き上げるフォックスワースから、2度目のテイクダウンを決めたウィリスはハーフで固めパンチを入れていく。足が効かないフォックスワースに対し、ウィリスは足一本残した状態でも、十分なポスチャーからパンチを落とす。ウィリスはパスガード、ここでフォックスワースがブリッジから立ち上がろうと試みる。

この動きを跳ね返すようにトップを取ったウィリスは担ぎパス&鉄槌。パスを嫌がって背中を向けたフォックスワースのバックを取りRNCを仕掛ける。かなりタイトに入ったように見えた絞めだったが、フォックスワースが体を捩じって耐えきった。

2R、フォックスワースの左ジャブにウィリスは右ジャブを返す。ウィリスはテイクダウンを窺いつつ、左から右を入れる。さらにワンツーを続けたウィリスが自ら右ローでスリップする。すぐに立ち上がったウィリスは右ローを蹴り、ここでもワンツーを入れる。フォックスワースも右を返すが、直後に組まれてケージにドライブされる。小手を巻いて耐えるフォックスワースを押し倒したウィリスはハーフでエルボー。鉄槌を受けながら立ち上がったフォックスワースは、すぐにインサイドトリップで背中をマットにつかされ2R終了を迎えた。

最終回開始直後にタイクロッチから大きくフォックスワースを抱え上げたウィリスがスラムで叩きつける。しかし、ここでウィリスの大量の流血でドクターチャックが入る。2Rにフォックスワースに下からのエルボーを受け手カットしていたようだ。フォックスワースの上半身が返り血で真っ赤になり、滑りやすくなっているなか両者が胸をつけた状態でスタンドへ戻る。

ウィリスは後方へのテイクダウンでサイドを奪取も、再びドクターチェックが命じられる。ウィリスがサイドマウントから試合が再開となり、抑え込まれていたフォックスワースはバックを預けるように立ち上がり胸を合わす。シングルをリリースしたウィリスだが、直後にテイクダウンに成功。バックコントロールで試合を終えたウィリスが、フルマークの判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie