この星の格闘技を追いかける

【UFC195】ノーク、最終回の距離を取る展開が裏目に……。モロノがスプリット勝利

<ウェルター級/5分3R>
アレックス・モロノ(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.27-30
カイル・ノーク(豪州)

左インサイド―ローから右アウトサイドローを繰り出すノーク。思い切り右オーバーハンドを放っていったモロノが、続いて後ろ回し蹴りからスピニングバックフィストを見せる。ノークはパンチに対し、モロノは再び後ろ回し蹴り。直後に右をノークが打ち込む。モロノが右を振り回しても、冷静に左を入れたノークは組まれても落ち着いて対処しテイクダウンを許さない。

やがて体を入れ替えて離れたノークが左ミドルを入れる。さらにノークは右をヒットさせて、左サイドキック。ここでモロノが右アッパーを入れたが、続くパンチは粗く当たらない。モロノはテイクダウン狙いもスプロールされ、その後はサイドキックや前蹴りでモロノを捌いたノークが初回を取った。

2R、モロノは引き続き後ろ回し蹴り、ノークのサイドキックの直後にスーパーマンパンチを狙う。鼻血を流しているノークは左ローから左前蹴り、モロノはパンチの振りが大きくなる。ノークが左ハイを空振りしバランスを崩すと、立ち上がり際に距離を詰めたモロノだが、組まれてバックを許す。ノークはさらにジャンプして背中に乗るが、モロノが前方に振り落す。スクランブルのなかでシングルを狙ったモロノもバックから背中に飛び乗り、ノークと同じように前に落とされる。

サイドからマウントを取ったノークに対し、モロノは足関節を仕掛ける。ノークが左の鉄槌を落とすと、モロノがフルガードに。足を一本抜いたノークはパンチから立ち上がろうとしたモロノのボディにヒザを蹴りこむ。このままトップをキープしたノークが2Rも自らのモノとした。

最終回、ローや前蹴りを多用するノークは左ストレートを被弾しても、ローを蹴り返す。さらに左ミドルを入れたノークが飛び込んで左エルボーを見せる。互いに手数が少なくなるなか、時折り距離が詰まると右が相打ちに。ステップを踏み、距離を取るノークは右をヒットさせ組みつくも、テイクダウンは奪えない。

直後に右の回転バック拳を繰り出したノークは、無理をせず大きな振りのモロノのパンチをかわして前蹴りへ。続いて左ミドルを入れて回るノークが、最後の1分でダブルレッグを決める。ガードから鉄槌を出すものの万事休すと思われたモロノが、腰を切って一瞬に腕十字へ。かなりタイトに入っていたが、ノークがモロノの体を越えていき防御。直後に試合はタイムアップとなり、苦笑いを浮かべたノークは何とスプリットで判定負けを喫した。

ノークは余りにも手数が少なったうえで、腕十字でもポイントを失ったか。その手に仕掛けていた勝利が滑り落ちた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie