この星の格闘技を追いかける

【UFC195】ムエタイのドバーがテイクダウンで勝利を掴む

<ライト級/5分3R>
ドリュー・ドバー(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
スコット・ホルツマン(米国)

サウスポーのドバーが左ストレートをまず決める。ホルツマンも前に出て右を伸ばすが、ドバーはカウンターをすかさず狙う。クリンチからケージにドバーを押し込んだホルツマンだが、体を入れ替えられるケージを背にする展開が続く。再び体を入れ替えたホルツマンが右エルボーを入れ、両脇を差して小外掛けからテイクダウンを仕掛ける。これを耐えて、ケージ中央に組んだまま移動したドバーが、逆にテイクダウンに成功する。

ホルツマンは背中を預けて立ち上がって胸を合わせる。離れたドバーは左ハイから首相撲、ボディロックから2つ目のテイクダウンを奪う。ここもバックを取った状態でスタンドに戻ったドバーが距離を取り直す。ホルツマンは右前蹴り、ドバーの右フックを入れ左ハイへ。ドバーが初回を取った。

2R、いきなりダブルレッグを狙ったドバー。これを切ったホルツマンがケージにドバーを押し込む。体を入れ替えて離れたドバーは右フックを打ち込み、ホルツマンの体が揺れる。直後にダブルレッグを狙ったドバーはボディロックからバックへ。胸をホルツマンが合わせてきたところで右エルボーを打ち込む。間合いを取り直したドバーに対し、ホルツマンが右ハイを決めそうに。

続く組み合いでテイクダウンを取ったホルツマンがボディから顔面にパンチを打ち分ける。スクランブルも制したホルツマンがハーフからエルボーを落とす。さらに潜ろうとしたドバーにパウンドを落とす。ケージ際に移動して立ち上がったドバーだが、ホルツマンがエルボーから大内刈りで再びテイクダウン。パンチや鉄槌、そしてエルボーを落としたホルツマンがラウンドを取り返した。

最終回、接近戦で左アッパーを入れたホルツマンだが、左を被弾して下がる。ドバーはここでも組みついてテイクダウンへ。さらに立ち上がってケージ際の攻防になると、離れたホルツマンにドバーがダブルレッグでドライブ、テイクダウンに結びつける。ムエタイの手練れとして知られるドバーが仕掛けたレスリング合戦。寝技に移行してもグラップラーのホルツマンのアームロックなどの仕掛けを潰してハーフからパンチ&エルボーを入れる。

その果ての立ち際へバックという何度も見た展開になり、ドバーが攻勢に。ホルツマンのカットにドクターチェックが要請されるも、試合は続行される。ホルツマンの右ハイに、右ショートを入れたドバーが左ストレートを打ち込む。ここで再びダブルレッグに出たドバーが、最後までレスリング勝負にこだわり後方にテイクダウンしバックを伺う。ホルツマンが立ち上がったところでタイムアップになり、ドバーが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie