この星の格闘技を追いかける

【Pancrase273】パンチを当てて、テイクダウンを奪った田村がタクミを下し生き残る

<フェザー級/5分3R>
田村一聖(日本)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
タクミ(日本)

前に出てきたタクミに左フックを合わせようとした田村は、続いて右を打ち込んでケージに押し込んでいく。離れた田村はタクミの右をかわす。左手を差し出す個性的な構えの田村と、ガードを下げて構えるタクミ。タクミは左ミドルも距離は合わない。タクミは左ジャブも届かない。田村も手数も踏み込みは少ない。タクミの右ハイは空振りに、弱冠距離が狭まったかが田村は手を出さない。田村の右にテイクダウンを合わせたタクミ。田村はケージ際まで下がって立ち上がり、体を入れ替える。序盤のアタックが功を奏したか、田村がラウンドを取った。

2R、タクミの左フックをかわした田村は続く右からの前進に右を振っていく。さらに右ストレートから組み、タクミが離れようとするタイミングで右を放つ。今度は左から前に出た田村は右を振るって離れる。タクミは左ローも距離が合わない。右を伸ばして前に出たタクミに対し、左ワキを差した田村がケージに押し込む。ここで動きが止まり、レフェリーがブレイクを命じる。

左から右を伸ばした田村が右ロー、タクミは左ジャブを伸ばす。ボクシング的なコンビネーションはないが、一発の威力が増した田村のパンチ。残り90秒でタクミが前に出てくるところで田村はダブルレッグを決める。ラバーガードのタクミは、そこから展開できずクローズドへ。フックからラバー狙いの中山は背中をマットに着けたままラウンド終了を迎え、このラウンドも失った。

最終回、ビッグラウンドにしいないとドローもないタクミだが、早々にテイクダウンを奪われる。背中を譲らず立ち上がったタクミは、気持ちも姿勢も前のめりになりまたもダブルレッグで倒される。今度は背中を預けながら立ち上がり、クラッチをはがして胸を合わせたタクミに対し、田村は徹底して組みついていく。2Rを先取している強みから、時間が経過すれば良い田村がタクミをケージにタクミを押し込む。付き合いたくないタクミが離れるも、またも田村はケージにドライブ。

残り半分、体を入れ替えたタクミだが田村がすぐに押し返し離れる。打撃の展開を与えない田村がケージにタクミを押し込む。タクミはエルボーからヒザ蹴りも体を回したところで尻餅をつかされる。すぐに立ち上がったタクミはヒザを入れて、アンクルピックからテイクダウン狙い。残り40秒、起き上がった田村にパンチを狙うタクミだったが、ここも田村が組みに行く。最後もテイクダウンを狙ったところを切り返され、倒されたタクミは万事休す。

タイムアップとなり、田村がフルマークで元KOPフェザー級王者に勝利した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie