この星の格闘技を追いかける

【TUF22】スライディング&50/50、足関節→バック奪取。史上最もユニークなTUFウィナー=ホール誕生

<TUF22ライト級T決勝/5分3R>
ライアン・ホール(米国)
Def.3-0:30-26.30-26.30-27
アルテム・ロボフ(ロシア)

左から蹴りを見せるホールがスライディングから足関節へ。打撃戦を回避してトップを奪取。さらにロボフの立ち上がり際にバックを取り、振り落されそうになると頭をついてRNCクラッチを支点にバックを取り戻す。このまま両足をフックし絞めを狙うホール。手首を取って防御したロボフを後方から殴るホールに大きなUSAコールが起こる。四の字フックで固めて引き続きパンチを入れるホール、腹ばいになったロボフだが腰は伸ばさない。エルボーとパンチを入れるホールが初回を取った。

2R、打撃のプレッシャーを強めるロボフのフックに尻餅をつくホールだが、当然のようにロボフは寝技に付き合わない。続くスライディングも距離を取ったロボフは、引き込みに付き合ってガードの中に入ってしまう。体を反転させ、足関狙いからトップを取ったホール。ロボフはここでは立ち上がりながら、なぜか続く引き込みにも付き合う。ハイガードから鉄槌、さらに反転してヒールホールドを掛けるホールだが、体を起こしたロボフが足を畳んでいく。50/50から足を狙うホールに対し、胸を合わせて防御したロボフ、ここで2Rが終わった。

最終回、右ジャブを見せてスライディングから50/50に入ったホールがインヴァーテッドヒールへ。これを逃げられると追いかけてバックを狙い、振り落されそうになってもガードにロボフを引き入れる。非常にユニークなホールのスタイルに巻き込まれるロボフは、腕十字からオモプラッタで体の向きを変えられ足関節のアタックを受ける。

体を捻って立ち上がったロボフの背中に飛び乗ったホールがスタンドでバックマウントへ。動かないロボフはブレイク狙いか。ホールがそうはさせじとRNCをセットしていく。後方からワキにパンチを入れ背中に乗り続けるホール。手首と掴んで防御するロボフは、最後の10秒で倒れ込むもトップを取れない。試合終了前に両手を広げたホールは、勝利を確信。シーズン中は準々決勝で敗れたホールが、大逆転のTUFウィナーとなった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie