この星の格闘技を追いかける

【UFN155】寝技を嫌うエルキンスに、後ろ回し蹴り、左ストレートでダウンを奪ったホールが作戦勝ち

<フェザー級/5分3R>
ライアン・ホール(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ダレン・エルキンス(米国)

サウスポーで距離を取るホール。右を伸ばしつつエルキンスが距離を詰めていく。そのタイミングでイマナリロールを見せたホール。エルキンスがすぐに離れる。ホールは軽いサイドキックで誘い、後ろ回し蹴りでバランスを崩しガードを取る。寝技に付き合わないエルキンスは、立ち上がったホールが再度後ろ回し蹴りからガードを取るとローを続ける。ホールは後ろ回し蹴りやミドルから引き込むが、徹底してエルキンスが寝技を拒否する。

スピニングバックフィスト、スピニングバックキックと回転系の打撃を繰り返すホールは、その後ろ回し蹴りを当ててダウンを奪う。立ち上がり際のギロチンはエルキンスが防ぐが思わぬ展開となり、ボディ&頭部と回し蹴りを食うと残り15秒でイマナリロールから足関スイープを仕掛けられる。スクランブルで上を取ったエルキンスは、直後に三角をセットされタイムを迎えた。

2R、ホールは軽いサイドキックを見せ、エルキンスの前進を待つ。足関節を嫌がり距離を詰められないエルキンス。その位置が回転系の攻撃を被弾する距離になる。ホールはスライディングで懐に入り、足関節からシットアップ。スクランブルでは離れたエルキンスは、ロールしたホールにパウンドを落として離れる。直後に右ミドルを蹴ったエルキンスは左ロングを被弾して尻もちをつく。エルキンスはついにガードを取ったホールにパウンドを連打したが、立ち上がると左ストレートを受けて足が泳ぐ。

神経的に追い込まれ前に出るようにったエルキンスに対し、ホールはサイドキックを繰り出す。さらにホールは右フックを当て、またもエルキンスの腰が落ちる。そのままガードに入ったホールはバックを許しそうになるが、エルキンスは組み技を嫌がり有利なポジションも維持できなかった。

最終回、後ろ回し蹴りからロールを仕掛けたホールに対し、エルキンスはローも蹴らずレフェリーのブレイクを待つ。距離を詰めても、ホールのロールや攻撃に見せての引き込みで思うように攻めることができないエルキンス。ここまで試合をリードしているホールは、躊躇うことなく引き込むことができる。さすがに背中を見せて走るホールにファンがブーイングを送るが、寝技に付き合わないよりも立ち技に付き合わない方が判定で不利になることを分かって、ホールはこの動きができる試合展開に持ち込んだのだ。KO負け、そして8-10にならないことだけ注意する必要があるホールはミドルを蹴って走るとロールへ。

エルキンスはパウンドを落とすこともなく、スタンドで待つ。最後は鬼ごっこのような試合になり、ホールが3-0の判定勝ちを決めた。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie