この星の格闘技を追いかける

【UFC96】メイナード、盤石の強さでジム・ミラー振り切る

0bc5ebf7■第6試合ライト級/5分3R
グレイ・メイナード(米国)
Def.3R終了/判定
ジム・ミラー(米国)

【写真】打撃が飛躍的に能力アップし、勝負どころでテイクダウンを奪うなど盤石の強さをメイナードは見せ、ライト級トップにたどり着いた (C) ZUFFA

メイナードの右ストレートで試合はスタート。左のカウンターで待ち構えるミラーは、オールアメリカン・レスラーのメイナードに組みついていく。テイクダウンを諦め、距離を取ったミラーに対し、メイナードは踏み込んでワンツーを打ち込もうとするも、距離を詰めることができない。


それでも踏み込み、右フックをヒットさせたメイナードに、ミラーはミドルキックからシングルレッグへ。右足へのシングルレッグから、両足、さらに左足、また右足とターゲットを変えてテイクダウンを狙うも、メイナードのバランスは抜群でミラーは結局、自ら距離を取ることを選択する。

ワンツーから左ミドル、メイナードのパンチに左を合わせようとしたミラーだったが、クリーンヒットはない。構えを極端に低くし、テイクダウンもあるぞという意思表示を見せたメイナードに、ヒザ蹴りの威嚇を見せたミラー。直後にメイナードは踏み込んでからの右ストレート、右ボディを決め、完璧なテイクダウンディフェンスとともに攻勢を印象付けた。

2R、またも踏み込んで右フックを見せたメイナード。シングルレッグを狙うが、ここはミラーが左をのばして踏み込ませない。左ミドルが急所の近くにヒットするも、かまわず試合を続けるメイナードは距離をつめてボディを連打する。ミラーは左ロー&左ハイを繰り出すが、距離をコントロールしているのはメイナードで、ケージにミラーを詰めて執拗にボディを攻める。

シングルレッグから引き込んだミラーに、メイナードはしっかりとトップをキープして自ら立ち上がる。左頬からの出血が酷くなってきたミラーは、メイナードの右から左フックを浴びて、ペースを握ることができないまま2Rが終了した。

最終ラウンド、それまでと同じようにスタンドの展開が続くも、距離を詰めるのはメイナード。ミラーのテイクダウン狙いを切ると、ここでテイクダウンを奪ったメイナードだったが、ミラーは首相撲を察知された直後に、ヒザ十字を見せる。一瞬、足が伸びきったかのように見えたミラーのサブミッションだが、足を引き抜いたメイナードはトップを譲らない。

必死にテイクダウンを狙ったミラーだったが、ついに力尽きたかのようにガードをとると、メイナードの強烈な左フックがその顔面を襲う。密着したいミラーを突き放し、メイナードが立ち上がったところで試合終了。判定は3-0でメイナードが盤石の強さを見せつけた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie