この星の格闘技を追いかける

【UFN78】ラマスが右ローでディエゴを粉砕、フルマーク判定勝ち

<フェザー級/5分3R>
リカルド・ラマス(米国/4位)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ディエゴ・サンチェス(米国)

軽く右ハイを見せたラマス。続いてミドルハイを繰り出すラマスに対し、ついにフェザー級まで体重を落としたディエゴは右を伸ばして距離を詰めようとする。勢いをつけた右ハイをラマスは出すようになると、ディエゴが左ミドルを蹴りこむ。ラマスは右ボディストレート、続く左ジャブにディエゴが右フックを合わせようとする。パンチの連打で前に出たディエゴに、ラマスの後ろ回し蹴りがヒットし、さらに右ミドルが蹴り込まれる。

乱打戦でなく離れて左ジャブを入れたラマスは、もう一度後ろ回し蹴りを狙うも空振りに。蹴りで突き放されるディエゴはパンチが大きくなり、続くダブルレッグでテイクダウを奪われる。背中を預け立ち上がったディエゴはエルボーを放ち、キムラを狙ったところで、その体重移動を読まれ、足を払われる。そのままバックから足払いの要領で後方に倒されバックフックを許しそうになったディエゴだが、スイッチでトップを取り返した。

2R、ラマスは右ローから左ジャブを見せる。ディエゴは左ストレートをヒット、距離を取りアオしたラマスのシングルレッグを防いでヒザを突き上げる。右側頭部から流血が見られるラマスは執拗にシングルを続けるが、テイクダウン至らない。ついに離れたディエゴは右ローを右足に受けて体が沈む。

パンチの打ち合いには対抗するも、ローを受けて態勢が乱れる。覚悟を決めたように打ってこいと両手を広げたディエゴにダブルレッグを決めたラマスはバックからヒザを腿にいれる。またもスイッチでトップを取り返したディエゴだったが、強引になギロチンでまたもバックに回れる。続くスイッチは読んだラマス、それでもディエゴはスイッチを仕掛ける。背中を一旦ついたが足を抱えに行くラマスは足首を取り合うという珍しい形のなかで、トップを取りに。

すかして前方に落としたと思われたディエゴだったが、ラマスはここでバックに回りスクランブルからスタンドに戻る。最後の10秒、右インサイドローを受けたディエゴが体が沈んだところでラウンドが終わった。

最終回、ラマスは冷静に距離を取るが、ディエゴが左ハイを蹴っていく。右足をかばうためかオーソに構えるシーンもあったディエゴは、すぐにサウスポーに戻る。右ローを受けて手を着くディエゴ、蹴ったラマスも足を引きずるような動きを見せる。ここも打ってこいアピールのディエゴに対しラマスはダブルレッグ。離れ際のスピニングバックフィストを被弾したディエゴはまたも動きが止まる。続く回転バック拳は食わなかったディエゴは、左右のフックから前へ。ラマスの右ハイを踏みこんで受けたディエゴは、右を振るってひたすら前に。距離を取ったラマスに対し、ディエゴはあくまでも前進を続ける。足を引きずりながら組みに行ったディエゴ、逆にケージに押し込んだ状態でラマスは試合終了を向けた。

ディエゴらしさを最後まで見せたが、勝負はフルマーク裁定でラマスが制した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie