この星の格闘技を追いかける

【Pancrase271】注目の日本2戦目に臨むリルデシ・リマ・ディアス「魅せる試合が大好き」

Rildeci Lima Dias【写真】公称で身長を高く申告する選手は少なくないが、リルデシの172センチというのは逆に低いに違いない。長身、手足の長いファイターだ (C)MMAPLANET

29日(木)、東京都渋谷区の和術慧舟會HEARTSで11月1日(日)に東京都江東区ディファ有明で開催されるPancrase 271に出場するリルデシ・リマ・ディアス&ルイス・ベタオ・ノゲイラ、2人のブラジル人ファイターが公開練習を行った。

打撃と寝技で汗をかいた両者は、その後リルデシ→ノゲイラの順で記者の質問に答えた。まず7月5日に獅庵をカポエイラ&柔術技を駆使した特徴的なファイトで倒し、大きなインパクトを残したリルデシの一問一答の模様を再現したい。

メイアルーア・コンパッソなど、デカゴンのなかでも早くも代名詞となりつつあるカポエイラの動きを披露したリルデシ(C)MMAPLANET

メイアルーア・コンパッソなど、デカゴンのなかでも早くも代名詞となりつつあるカポエイラの動きを披露したリルデシ(C)MMAPLANET

──2度目のパンクラス参戦となりました。初めての来日時と比較して、コンディションの方はいかがでしょうか。

「前回は初めて日本で戦うことで緊張もあったし、いつも通りの試合ができないかもしれないと不安だった。ただ、いざ試合が始まると自分のリズムで戦うことができて良かったよ。今回ももちろん、勝つために日本にやってきた。コンディションも良くて、試合に向けて集中できている。準備は整っているよ」

──初めての日本での試合は、どのような印象を持ちましたか。

「ブラジルで試合をする時とは全く雰囲気が違っていて、あんな感じのイベントに参加するのは初めてだったけど、凄く気に入ったよ。点数をつけるなら100点満点で1000点。ファにもサポートしてもらえたし、今回も期待に応えたい。そして、またパンクラスにチャンスを貰えるようにしたい」

──ブラジルの大会とは、どう雰囲気が違うのでしょうか。ファンが静かだということですか。

「ファンが大人しいとか、そういうことじゃないんだ。ブラジルでも日本でも、ファンには楽しんでいるし、そこに違いは感じない。雰囲気が違うというのはオーガナイズの有り方だよ。しっかりとした大会運営に感激したんだ」

──上田将竜選手の印象は?

「いくつかの映像を見て、柔道技など投げが得意のように思う。でも、コーチがしっかりと研究し対策を練って来た。ファイターは毎試合同じ動きをするわけじゃないし、同じ試合になるとは限らない。だから、ちゃんと攻守に注意が必要だと思う。相手を軽く見るつもりはないけど、間違いなく勝つのは僕だよ」

──前回の試合ではカポエイラの動きなど、本当に驚かされました。ただし、その動きももう対戦相手もインプットできているはずです。またあのようなインパクトを残す試合ができるでしょうか。

「実は対戦相手の映像というのは、煽り映像が中心で試合は余り見られていないんだ。でも、彼のように僕も同じ動きをするわけじゃない。だから、カポエイラの技も出したいけど、状況によって出せるかどうかは分からない。それにカポエイラだけでなくて、柔術だって得意だから柔術の技も見せたい。スタンドでも寝技でも積極的に戦うつもりだ」

──パンクラスと複数契約が結ばれたことで、明確な目標ができましたか。

「パンクラスで戦っている全選手が、トップになりたいと思っているはずだよ。僕も同じ。ベルトを巻きたい。7月の試合は練習してきたことを全て出すことができた完璧な試合だった。よく僕のスタイルは何って聞かれるけど、僕はMMAファイターだよ。

ミックストマーシャルアーツ、文字通りカポエイラやテコンドー、ムエタイ、柔術、ボクシングをミックスして戦う。だから相手を混乱させることが得意だし、その結果ミスを誘うことができる。そこが狙いだ。それに戦うことだけでなく魅せる試合をすることも大好きだから、これからもファンに喜んでもらえる試合がしたいんだ」

──今回の試合はUFC Fight Passで母国ブラジルでも視聴できます。

「家族や街の皆、ブラジルのファンが視る機会があるのでモチベーションは高いよ。これからパンクラスの人気が上がって、ブラジルの地上波で中継されるよう力になりたい。複数契約もできたし、僕自身がパンクラスとともに成長したいと思っている」

■Pancrase271対戦カード

<ウェルター級/3分3R>
マンモス谷部(日本)
手塚裕之(日本)

<フェザー級/3分3R>
近藤孝太(日本)
木村一成(日本)

<バンタム級/3分3R>
山本哲也(日本)
飯嶋重樹(日本)

<バンタム級/3分3R>
工藤修久(日本)
狸瑪猿シュン(日本)

<バンタム級/3分3R>
河村泰博(日本)
木暮聡(日本)

<フライ級/3分3R>
島袋力(日本)
鮎田直人(日本)

<KOPライト級王座決定戦/5分5R>
北岡悟(日本)
徳留一樹(日本)

<ストロー級(-52.2kg)初代王座決定戦/5分5R>
砂辺光久(日本)
阿部博之(日本)

<フライ級/5分3R>
上田将竜(日本)
リルデシ・リマ・ディアス(ブラジル)

<バンタム級/3分3R>
上田将勝(日本)
CORO(日本)

<バンタム級/3分3R>
馬場勇気(日本)
ルイス・ノゲイラ(ブラジル)

<ストロー級/5分3R>
江泉卓哉(日本)
室伏シンヤ(日本)

<無差別級/3分3R>
有己空(日本)
川口健次(日本)

<ウェルター級/3分3R>
三浦広光(日本)
KAZZ(日本)

<フライ級/3分3R>
仙三(日本)
藤井伸樹(日本)

<フェザー級/3分3R>
田村彰敏(日本)
横山恭介(日本)

<バンタム級/3分3R>
合島大樹(日本)
ヒロ・ヤマニハ(ブラジル)

<ライト級/3分3R>
網潤太郎(日本)
上田厚志(日本)

<フェザー級/3分3R>
杉山和史(日本)
中原由貴(日本)

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie