この星の格闘技を追いかける

【on this day in】10月29日──2005年

29 10 05【写真】果敢に開始直後にヒールを仕掛けたチェ・ヨンだったが、この後スタンドで形勢を逆転された (C)MOOzine

Sprit MC07
@韓国ソウル、チャンチュン体育館
「2003年4月、韓国に初めてMMAを持ち込んだSprit MC。その後はPRIDEに感化されたような打ち上げ花火的な大会開催も少なくなかった同国のMMA界にあってプロ、インター、アマチュアとヒエラルキーの構築を試み、リアリティTV=Go! Super Koreanを実現させた。無暗やビッグネームの招聘ではなく自国選手の育成に力を入れ、韓国MMA界の創世記を引っ張り、そして支えていたプロモーションだった。ナム・ウィチョル、イ・ウンスらSprit MCでベルトを巻いたファイターは、後にROAD FCでもチャンピオンにもなっている。デニス・カーンやイ・グァンヒなど日韓を股に掛けて活躍するようになった。現UFCファイターのキム・ドンヒョンやカン・ギョンホのデビュー戦もSprit MCだった。そんなSprit MCが10年前の今日、ミドル級GPファイナルを開催している。80キロで争われた同GP、この4カ月前に一回戦を行い、この日は準決勝でイム・ジェソクがパク・ジョンゴンにTKO勝ち、チェ・ヨンとの決勝では2RにKO勝ちし第3代王者に輝いている。決勝でイム・ジェソクに敗れたチェ・ヨンは先のDEEP CAGE大阪大会でミドル級王者に輝いたRYO、だ。一方、イム・ジェソクはチームMADとともに犬猿の仲であるROAD FCとTOP FCの両イベントに選手を送り込むことができる韓国内で2つしかないジム=エクストリーム・コンバットという自らのチームを率いている。10年一昔、いや光陰矢の如しと表現すべきだろうか」

on this day in──記者生活20年を終えた当サイト主管・髙島学がいわゆる、今日、何が起こったのか的に過去を振り返るコラム。自ら足を運んだ取材、アンカーとして執筆したレポートから思い出のワンシーンを抜粋してお届けします。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie