この星の格闘技を追いかける

【WSOF24】岡見、フィッチのテイクダウン狙いを凌ぎきれず。3-0の判定負け

<ウェルター級/5分3R>
ジョン・フィッチ(米国)
Def.3-0:30-27,30-27,29-28
岡見勇信(日本)

ついにウェルター級初陣を迎えた岡見勇信。まずフィッチが右ロー、続いて右を伸ばす。岡見は右ジャブを見せながら前に出る。下からパンチを伸ばす岡見はしっかりと間合いを測る。1分を経過したところでテイクダウン狙いのフィッチが組んで岡見をケージに押し込む。一度は体を入れ替えた岡見だが、再度金網に押し込まれる。岡見はもう一度体を入れ替えるも、フィッチもここは譲らない。3度、4度と態勢を入れ替える両者。残り2分でレフェリーがブレイクを命じる。

すぐにケージにフィッチを押し込んだ岡見がヒザ蹴りを突き上げる。四つ組みでも強いフィッチだが、岡見もヒザ蹴りをボディに入れる。左ワキを差し優勢の岡見がダブルに移行するが、フィッチも右腕を差して耐える。岡見はシングルからバックへ。胸を合わせたところで初回が終了。岡見が組み勝った。

2R、低い姿勢で組んできたフィッチがダブルレッグで岡見に尻餅を着かせる。ケージを背にした岡見は、バックを許さず立ち上がる。ボディにパンチを入れたフィッチ。この隙に岡見が離れてデカゴン中央へ。岡見のダブルレッグを切ったフィッチは再びダブルレッグからテイクダウン。両足を束ねて尻餅から背中を着かせに掛かる。右手首を取られた岡見は背中越しにクラッチを許し、ついに背中をマットにべったりと着かされる。

ケージを蹴って、スクランブルから右足を取りに行った岡見だが、頭が外に出ておりバックを許しそうになる。それでもしっかりと胸を合わせて、岡見が上を取り返す。残り40秒、大きな打撃が欲しい岡見だが、フィッチはキムラロックから左足で岡見の頭を跨ぎ、それを許さない。ポイント的には2Rを失った岡見だが、下のままで終わらず決して悪くない流れで最終回を迎えることとなった。

最終回、フィッチの前進に対し角度をつけてかわす岡見は右フックから前に出る。しかし、ケージを背にしたフィッチがシングルレッグからテイクダウンに成功する。右のパウンドを落とすフィッチ、岡見はすぐに立ち上がることができずガードへ。シッティングからバックを譲りつつ立ち上がった岡見は、フィッチのクラッチを剥がして距離を取り直す。それでも執拗にダブルレッグを仕掛けるフィッチ。2分が経過し、インサイドトリップから岡見はまたも尻餅、そして背中をマットについてしまう。

ここは粘りたい岡見。一旦は立ち上がるが、またも尻餅をつかされる。ついに立ちバックに入ったフィッチが後方に倒れこむ。ここで岡見は正対しトップを取りかかるが、足をすわれテイクダウンを許す。岡見はギロチンの態勢に入るが、頭を抜いたフィッチがパウンドへ。残り30秒で上体を起こした岡見が組みに行く。これを切ったフィッチがバックを窺う。ガードを取った岡見。懸命に上体を起こすが、背中を譲りそうになった状態でタイムアップを迎えた。

初回は互角にやりあったが、2R&3Rとフィッチの攻めを凌げなかった岡見はジャッジ2人が、初回をもフィッチ優勢とした判定3-0で敗れた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie