この星の格闘技を追いかける

【Pancrase270】パンクラス初陣、神酒が古賀から意地の粘り勝ち

<フライ級/5分3R>
神酒龍一(日本)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
古賀靖隆(日本)

構えを変える古賀が、まず右ストレートを伸ばす。神酒も左を入れ、組むと一気にケージ際へ。手繰ってヒザを突き上げた古賀が離れる。神酒は左ロー、常に腕を動かす古賀に神酒の左フックが当たる。古賀のテイクダウン狙いを切った神酒は左ハイを見せる。古賀もフェイント織り交ぜ、気圧されることなく戦う。ケージ際の組み合いから離れると、神酒が左ハイ。古賀は左ストレートをサウスポーから放つ。残り1分、古賀のローが神酒の急所に当たってしまい試合は中断される。再開後、古賀は右ロー。組みに行くが、神酒がいなす。神酒の左ミドルが古賀の顔面を掠める。古賀のテイクダウン狙いはことごとく切られ、神酒が左ハイを放つ。初回は神酒に3票集まった。

2R、古賀は右ロー。続くテイクダウン狙いは神酒すぐに察知する。神酒はシングルレッグから腰をコントロールし尻餅を着かせ、古賀の立ち上がり際で蹴りを狙う。と、古賀はダブルレッグでしっかりと神酒にガードを取らせる。蹴り上げから神酒が立ち上がり、試合がスタンドに戻ると、続いて左ミドルを入れる。古賀の右ストレートをかわして、アウトから左フックを神酒が決める。間合いを外した古賀は右を入れ、ヒザ蹴りで神酒がバランスを崩す。組んで立ち上がった神酒だが、ケージに押し込まれる。打撃の間合いに戻ると、古賀がシングルレッグからケージにドライブ。ハイクロッチもテイクダウンを奪えず、神酒が離れる。残り5秒で組み付いた古賀だが、ここもテイクダウンは取れなかったが、古賀がラウンドを取り返した。

勝負の最終回、古賀のマスピースをセコンドが見失いスタートが遅れる。古賀が右ローを入れると、神酒も同じ技を返す。ケージ際の組み合いは古賀がクラッチし優勢に。細かいヒザを入れる古賀、神酒もヒザを蹴っていく。ここでブレイクが掛かり、神酒の右ストレート、続いて右ハイが古賀の顔面を掠める。古賀のテイクダウンは切られ、神酒はここで高い位置へ蹴り。続いて右ストレートを打ち込んだ神酒が、左インサイドローを蹴り込む。左ローに続けた神酒は組んで突き放してパンチを放ち、古賀も右ミドルを狙う。

残り90秒、神酒は右ストレートから左ミドル。攻撃の精度は神酒が高い。見過ぎのきらいもある古賀は、左フックを振り抜くが神酒がダブルレッグを合わせてテイクダウン。立ち上がった古賀は、続くテイクダウン狙いを切るも、直後に神酒がシングルへ。これをリリースすると、最後の10秒でもダブルレッグを仕掛け、タイムアップに。「鼻水を垂らしても勝つ」と言っていた古賀だったが、削り合いは神酒が粘り勝ちした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie