この星の格闘技を追いかける

【DEEP】赤尾セイジ、スクランブル&バック合戦で中山に競り勝つ

Seiji Akao【写真】互いにバックを取り合ったスクランブル戦を赤尾が制した(C)GONGKAKUTOGI

<フライ級/5分2R>
赤尾セイジ(日本)
Def.3‐0
中山ハルキ(日本)

左ジャブを伸ばす中山、赤尾は左ローを返す。赤尾の右ローをキャッチし右を入れてからグラウンドに持ち込んだ中山が一気にバックマウントへ。RNCを仕掛けられた赤尾は胸を合わせていき立ち上がる。中山が赤尾をケージに押し込むが、ブレイクを命じられる。中山の前蹴りをキャッチして逆にテイクダウンを奪った赤尾が即マウントからバックマウントを奪取するが、中山もすかさず胸を合わせてスタンドへ。ケージ際の攻防が続き、2度目のブレイクに。

打撃戦は徐々にプレッシャーを強める赤尾に中山が飛びヒザを見せるが、直後に赤尾がグラウンドに持ち込みバックへ。ほぼ互角、ポジションは最後の攻防で赤尾がリードという形で初回が終わった。

2R、前に出て右ローからシングルに出てボディロック、バックを伺う赤尾。両足をフックしに掛かる赤尾は、右ヒザをマットについた状態で左腕を首に回していく。手首を掴んで耐える中山は、胸を合わせて立ち上がると小外掛けで尻餅をつかせバックへ。スタンドで強引にRNCを仕掛けるも赤尾がはがして離れ、ダブルレッグでテイクダウンに成功する。腰をコントロールし、ここでもバックに回った赤尾が自ら背中をマットについて四の字フックへ。残り30秒、RNCを狙いつつ時間の経過を待つ形となった赤尾が3‐0の判定勝ち。DEEPフライ級戦で確実にステップアップを果たした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie