この星の格闘技を追いかける

【Titan FC34】ホロボウをテイクダウンし続け、ハリソンが新フェザー級チャンピオンに

<Titan FC フェザー級選手権試合/5分5R>
アンドレ・ハリソン(米国)
Def.3-0:48-47,48-47,49-46
カート・ホロボウ(米国)

打撃のプレッシャーを与え組んでいった王者ホロボウだが、ハリソンが逆にテイクダウンに成功する。ハーフからパンチを落とすハリソンがいきなりギロチンへ。背中をつけさせたハリソンだが、首が抜けるとホロボウは右腕を差し立ち上がる。ハリソンが右ローからシングルでテイクダウン、2度のオールアメリカンレスラーの強さを見せる。

スクランブルからスタンドに戻ったホロボウだが、ハリソンはすぐに組んでヒザを入れる。王者もボディへのヒザ蹴りからテイクダウンへ。頭を抑えて切ったハリソンはだーでぃボクシングからヒザ蹴り。ヒザ蹴りに来たホロボウに3度目のテイクダウンを決める。腰を切って腕十字を狙うホロボウだが、ハリソンは体重をチャンピオンの右足に掛けて防いだ。

2R、額を大きくカットし大量の流血に見舞われているチャンピオンは左ジャブを伸ばす。ハリソンはすぐにシングルレッグへ、王者はウィザーもむなしくバックに回られる。胸を合わせたホロボウがヒザをボディに入れ離れる。ここでチャンピンが右ストレートを打ち込むも、直後にダブルで簡単にテイクダウンを許してしまう。同時に傷口が開いた王者は、逆組みの三角絞めへ。対処が遅れたハリソンは、鉄槌からパンチを頭部に受け続ける。足を組み替えたホロボウが引き続きエルボーを頭部に入れる。なぜかヒジを差し出してきたハリソンは肩も深く入れタイムアップを迎えた。

3R、右フックを振るうハリソンが引き続き右ストレートを入れて組み付く。シングルにギロチンを仕掛けたホロボウだが、テイクダウンされると同時に直角の位置を取られ、頭を抜かれる。スタンドに戻った両者、ホロボウが左ストレートからヒザを突き上げる。シングルのハリソンもやや疲れたか、ケージに押し込む状態が続きブレイクが掛かる。再開後、足を止めてのフックの打ち合いからヒザをホロボウが入れる。ハリソンもフックを振るうが、動きが遅い。ホロボウは右ストレートからヒザ蹴りを入れ、シングルレッグへ。がぶったチャレンジャーだが、右ストレートを被弾する。さらにヒザで動きが止まったハリソンだったが、ダブルレッグ一気にテイクダウンへ。亀から立ち上がった王者の抱え上げたハリソンがテイクダウン。すぐホロボウが立ち上がりシングルを仕掛けたが、タイムアップに。

4R、フックを振るって前に出た挑戦者がテイクダウンを決める。寝技の対処は明らかに甘いハリソンだが、体力で打開しスタンドへ。逆転へパンチの振りが大きくなったホロボウをテイクダウン。ホロボウはオモプラッタ&アンクルへ。足を抜いたハリソンがトップを取ってパンチを落とす。ハーフからキムラを仕掛ける王者だが、レフェリーがブレイクを命じる。スタンドに戻り、テイクダウン狙いからバックに回ったハリソン。ホロボウが胸を合わせてケージを背に立ち上がり、試合は最終回へ。

ハリソンのシングルにノーアームギロチンを狙ったチャンピオン、まったりとした仕掛けでは極まらない。ここでもハリソンがテイクダウン。立ち上がったホロボウに即、シングルへ。ホロボウが切ると、左ハイを狙う。これをブロックしたホロボウは、続くシングルは防いだが、逆転への糸口となる打撃戦を続けることができない。パンチを入れながら、自ら組みつくほど疲弊したチャンピオンは最後の2分で何を見せることができるか。

ホロボウは右ストレートをクリーンヒットするも、直後にダブルレッグでテイクダウンを奪われる。キムラロックも解かれ、パンチを被弾しながら立ち上がる。ハリソンは静まり返る館内で最後までダブルレッグで決め続け、ホロボウはスタンドに戻るのが精いっぱい、ここで5Rが終了。ホロボウの腰から離れたベルトは、彼の元に戻らずハリソンの腰に巻かれることとなり、次期挑戦者のデス・グリーンとケージでフェイスオフを行った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie