この星の格闘技を追いかける

【Pancrase267】パンクラス初陣勝利、朴光哲<02>「今日は顔見せ。次からが本格参戦」

Kotestu Boku【写真】ベテランの妙技が、上位陣との対戦で発揮される日は? (C)TAKUMI NAKAMURA

31日(日)、東京都江東区のディファ有明で開催されたPANCRASE 267で、パンクラス初陣を迎えた朴光哲インタビュー後編。

約3年ぶりの国内復帰戦で20歳の新鋭・牛久絢太郎と戦いTKO勝ちを収めたベテランは、パンクラス継続参戦を望んでいることを明らかとした。
<朴光哲インタビュー、前篇はコチラから>

――2R以降はどんなことを考えて試合をしようと?

「2R辺りから徐々に自分の動きを思い出してきて、こういう感じで自分のペースで行こうかなと」

――やはり試合間隔が空いた分、1Rは思ったように動けなかったということはありますか。

「というよりも相手に付き合っちゃったかな。普段、練習しているメンバーが強いから。そういう感じでやっちゃいましたね、なんとなく。上手く説明できないんですけど(笑)」

――では逆に1Rはポイントを取られても、2Rからは自分のやりたいことをある程度はできたということですか。

「そうっすね」

――最後はラウンド終了直前でのフィニッシュでした。残り時間も微妙でしたが、あのまま試合を終わらそうと思いましたか。

「残り30秒とかだったから『これちょっと今やっちゃった方がいいな。3Rまで行ったらダラけるな』と思って。長引いちゃってもしょうがないので」

――朴選手は勢いとパワーで押してくるファイターをコントロールして、最終的に自分のペースに持っていくのが抜群ですよね。牛久選手のようなタイプの相手は戦いやすかったですか。

「まぁ、苦手ではないかもしれないですね」

――国内復帰戦、そしてパンクラス初参戦を勝利で終えました。試合が終わったばかりですが、今後のことで何か考えていることはありますか。

「ONEさんとの兼ね合いもありますけど、なるべく(パンクラス参戦は)継続して。ファイナンス的にもキツいんで(笑)。試合して稼いでいかないとって感じですね」

――では、今回のようにタイミングが合えばパンクラス再登場もある、と。

「はい、是非。みんな見たいカードがいっぱいあると思うんで、頑張りますよ。まぁ、今日は顔見せって感じで次からじゃないですか、本格参戦は。対戦相手も上位ランカーになってくるでしょうし」

――パンクラス・フェザー級の上位ランカーは国内外の強豪選手、しかも色々なタイプの選手がいます。戦ってみたい相手はいますか。

「みんな嫌っすよ(苦笑)。顔も知ってるし、お互い知ってる仲だし、ただ決まったらしょうがないですね。やるしかないです。そこはちゃんと調整して、やっていきたいと思ってます」

――朴選手の今後のパンクラス参戦、期待しています。ありがとうございました。

「ありがとうございました」

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie