この星の格闘技を追いかける

【SHOOTO BR54】ホニ・トーレス、TD~BM~落とされてもTD&BMで判定勝ち

<73キロ契約/5分3R>
ホニ・トーレス(ブラジル)
Def.3-0:30-27,30-27,30-27
ベニト・タヴァレス(ブラジル)

サウスポーで長身のタヴァレスが左ストレートを伸ばすが、直後にトーレスがダブルレッグでテイクダウンからハーフで抑え込む。足を抜いてマウントになったトーレスは両足でパンチを入れる。背中を向けて頭を抱えるタヴァレスに思い切りトーレスはパンチを続ける。足を抜いたトーレスはもう一度背中に乗ろうとしたが、そのまま下になる。腕十字にスイッチしたトーレスだが、タヴァレス腕を引き抜く。続く三角狙いも防いで立ち上がったタヴァレス、トーレスもスタンドに戻り左から右を伸ばす。トーレスはパンチのラッシュからシングル、バックに回る。タヴァレスが胸を合わせ、低い位置で組んでくるトーレスの背中にエルボーを落とす。強引にトーレスの左腕をタヴァレスが取り入ったが、テイクダウンからマウントを許したところで初回が終わった。

2R、肩に汗が光るトーレスはタヴァレスの左ストレートをバックステップでかわし、思い切り右ローを蹴り込む。スラッピーなフックで距離を詰めてダブルレッグでテイクダウン。腰をコントロールして上を取り直したトーレスは片足を固め、ケージにもたれて座るタヴァレスの顔面にパンチを入れていく。そのタヴァレスの立ち上がり際にバックを取り、胸を合わされてもシングルからダブルに出るトーレス。タヴァレスのエルボーを嫌がり、重心をあげてシングルからダブルでタヴァレスを押し込む。ボディロックから前方にタヴァレスを崩したトーレスはバックコントロールも、またも乗りすぎて前方に落とされる。すぐに向きを変えて組みに行ったトーレス、単調な攻撃だがこの回もモノにした。

最終回、左ストレートから左ハイ、そして左ローに続けたタヴァレス。右ジャブから左ストレートを伸ばすタヴァレスだが、重心は高い。そこに組み付いたトーレスがケージに押し込み、足を払ってテイクダウンに成功する。頭をケージ中央に向けて倒したトーレスはパスからアームロックを狙う。懸命にグリップを握るタヴァレスからマウントを取ったトーレスはここでもやや乗り過ぎのバックマウントへ。

両足フックに拘り、乗りすぎのまま頭をマットにつけてパンチを入れるトーレスは、時間が過ぎれば勝利を手にできる。残り1分を過ぎても動かないタヴァレスから、トーレスは自ら腹ばいになり四の字フックに。後方からパンチを入れながら、試合終了を迎えた。結果は当然のようにトーレスの手が挙げられた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie