この星の格闘技を追いかける

【UFC156】先手取り続けたベナビデス、マッコールを僅差で下す

2013.02.03

<フライ級/5分3R>
ジョセフ・ベナビデス(米国)
Def.2-1:29-28, 28-29,29-28
イアン・マッコール(米国)

互いに右ローを蹴り合い試合がスタート。右を振るいながらベナビデスがと飛び込むと、これをかわしたマッコールが組みつく。重心を低くして倒れないベネビデスは、ローを小刻みに入れ右のオーバーハンドへ、頭をつけて殴りあうなか、ベナビデスの右がヒット。続くパンチの打ち合いで、マッコールがバランスを崩す。と、前に出たベナビデスの右ローが急所に当たったとして、試合が中断。再開後、マッコールの左に右を合せたベナビデス。またもバランスを崩しそうになったマッコールは、打ち終わりのパンチをもらう節がある。

ベナビデスの右ハイに右ストレートを合せたマッコールは、右ミドルを打ち込み、ショートフックをかわす。残り1分、左から右を決めたマッコールはショートアッパーで逆にベナビデスのバランスを崩す。気がつけば額をカットしているベナビデス、ここで初回が終了した。

2R、左ミドルを決めたベナビデス、突っ込んだところで右フックを額に受ける。再び血が目立ってきたベネビデスが右を決め、マッコールの右フックをダッキングでかわす。飛び込みざまの右フックを放ったマッコール、小内刈りは決まらない。大きな右を振るうベナビデス、ケージを背負うのはマッコールが多い。

ローシングルにちょうど、飛びあがったマッコールのヒザが当たるようになり目標を失ったベナビデスが亀になり、バックを許す。と引き込んで、潜りガードを狙ったベナビデスにマッコールが鉄槌を連打する。さらにマウントからバックマウントへ。バックを制してパンチ、ベナビデスが立ち上がると後方からヒザを入れる。マッコールはバックを取ったまま2Rを戦い終えた。

ケージにマッコールを追い込み、左右のフックをヒットさせたベナビデス。左ミドルから右ストレートを伸ばし、ローの蹴り合いでマッコールがバランスを崩すとすかさず組みつく。自ら距離をとったベナビデスは、やや手数が減ってくる。と、残り2分30秒でマッコールが組みついて尻餅をつかせる。すぐに試合はスタンドに戻り、ベナビデスが蹴り足を掴んでパンチを打ちこむ。と、ショートのワンツーを入れたベナビデス。最後まで、全くペースが落ちなかったベナビデスが、後手後手に回った感のあったマッコールを3-0の判定で下した。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie