この星の格闘技を追いかける

【WPJJC 2015】ホドウフォ欠場の95キロ級はプレギーサ、95キロ超級はブシェシャが優勝

4月22日(水・現地時間)から25日(土・同)にかけて、アラブ首長国連邦アブダビのザイード・スポーツシティ内のIPICアリーナにて、アブダビ・ワールド・プロフェッショナル柔術チャンピオンシップ2015が開催された。

WPJJC2015、今回は±95キロの2階級の模様をレポートしたい。

<95キロ以下級決勝/6分 1R>
フィリッピ・ペナ(グレイシー・バッハ)
Def.8-2
ジャクソン・ソウザ(チェッキマット)

大本命のホドウヴォ・ヴィエイラはアブダビ入りこそしたものの、背中の負傷が癒えずに欠場することに。決勝は、準決勝にて難敵ルイス・パンザの足関節攻勢を凌いで勝ち上がった世界王者プレギーサことペナと、パワフルな上攻めに定評のあるジャクソン・ソウザによるものとなった。試合開始早々の立ち技の攻防で、タックルを仕掛けて押し込んだソウザは、場外に出ながらダブルレッグで豪快にペナを持ち上げて叩き付ける。ポイントにはならなかったものの、そのレスリング力を見せつけた。

仕切り直し後ペナが引き込むと、ソウザはタイトに密着したまま左に動き、ペナの足をまたいでサイドに! そのまま抑えて難攻不落のペナのガードをあっさり攻略したかに見えたが、ペナは下から動き続けてなんとかハーフに戻す。やがてオープンガードを作り直したペナは、ソウザの左足を引き出すことに成功すると、それをすくい上げてのスイープで2点先制。オープンガードを作ったソウザに対して、ペナは左右に煽ってのパスを仕掛けてソウザに後転を余儀なくさせるが、ここでソウザがレスリング力を活かしてスクランブルで上に。同点に追いついてみせた。

残り時間が少なくなってくるなか、再びガードからの仕掛けを作り直すペナは、ソウザの右足を掴んで引いて後ろに倒してスイープ。そのままパスを仕掛けてバックに着き、フックを完成させて8-2と大量リードを奪い、勝利を確実なものとした。

パワフルなレスリングとパスでペナを脅かす場面を見せたソウザだったが、最後はペナが世界最高峰のスイープ力を見せつけて完勝。この充実ぶりを見るに、今年の世界柔術で連覇の可能性も高そうだ。

<95キロ以上級決勝/6分 1R>
マーカス・アルメイダ(チェッキマット)
Def. 2-0
アレクサンダー・トランス(UAE柔術)

元チームメイトの二人による、予想通りの組み合わせとなった決勝戦。世界最強の柔術家、ブシェシャことアルメイダは、試合開始後豪快なテイクダウンで2点を先制する。トランスは下から回転してブシェシャの足を狙うかと思いきや、股間に潜り込んで得意のディープハーフを作る。そこから煽ってバランスを崩しにいくが、ブシェシャは堪えてトランスの背後に回る。亀で耐えるトランスは前方回転で状況打開を狙うが、ブシェシャはついてゆきシングルバックに。

そのままギチョークを狙ってゆくブシェシャ。時間が少なくなってゆくなか、トランスは体をずらしてディープハーフを作ることに成功。ここでトランスは自ら後転。両者倒れた状態からトランスが立ち上がりスイープを完成させる──と思いきやブシェシャは持ち前の瞬発力ですぐに体勢を戻して上を取る。再びディープハーフを作ったトランスだが、ここで試合終了に。

粘り強く闘い、必殺のディープハーフからの仕掛けでいい場面を作ったトランスだが、終始ペースを握っていたのはブシェシャ。さらに序盤のタックルや、終盤のスクランブルなど勝負所で爆発力を発揮して絶対に競い負けないところも見せつけた。世界最強ブシェシャの壁は、点差が示す以上に厚いことを感じさせた一戦だった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie