この星の格闘技を追いかける

【Awards】UFC最高試合2位~4位、ベン・ヘン、セラーニ&フィッチ

UFC#02 Benson Henderson vs Nate Diaz

【写真】世界最高のMMAからベストバウト第2位は、王者ベンソン・ヘンダーソンが圧倒的な強さを見せ続けたネイト・ディアズとの防衛戦が選ばれた。

2012年下半期MMAPLANET Awards、第21弾はUFCイベントからベストバウトの2位から4位の発表となる。

世界最高峰の舞台は、プレリミナリーからハイクオリティ&エキサイティングな試合が数多く見られるが、それらの試合のなかで判定、秒殺に関わらず見られる鍔迫り合い、加えて鍔迫り合いすら起きない凄みある3試合が選ばれた。
Photo by GONGKAKUTOGI & PVT

Benson Henderson vs Nate Diaz<ベストファイトUFC第2位>
12月8日@UFC FOX05
<UFC世界ライト級選手権試合/5分×5R>
ベンソン・ヘンダーソン×ネイト・ディアズ

手に汗握る攻防が見られたかといえば、決してそうではない。5分×5R=25分間に渡り、一方的にベン・ヘンの強さが誇示された一戦。MMAは迎え撃つだけでは勝てない、追い足の重要性と看過されがちな基本的な寝技の姿勢の大切さをベン・ヘンが教示してくれた。

UFC#03 Donald Cerrone vs Melvin Guillard<ベストファイトUFC第2位>
8月11日@UFC150
<ライト級/5分×3R>
ドナルド・セラーニ×メルビン・ギラード

僅か76秒の試合時間にMMAの怖さが凝縮された一戦。セラーニのワンツーに左フックを合せたギラードが、ヒザ蹴りやヒジで猛攻を見せる。攻め疲れを案じたか、やや距離を取ったギラード。これが裏目に出て左ハイを受け、続く右ストレートで轟沈した。

UFC#04 Jon Fitch vs Eric Silva<ベストファイトUFC第4位>
10月10日@UFC153
<ウェルター級/5分×3R>
ジョン・フィッチ×エリック・シウバ

一昨年末に負傷をおして出場したジョニ・ヘン戦でKO負けを喫したフィッチが、ブラジルの新鋭エリック・シウバのリアネイキドチョークの毒牙に掛かろうとしている。この危機的状況をBJペン対策で身につけた防御力で乗り切ったフィッチが、逆転勝ちへ。改めて強さを再確認させた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie