この星の格闘技を追いかける

【UFC FX06】スタミナ切れのピレース、レスリングで逃げ切り勝利

2012.12.15

<ウェルター級/5分3R>
マイク・ピレース(米国)
Def.3-0:29-28, 29-28, 29-28
セス・バクジンスキー(米国)

バクジンスキーのローに、テイクダウンを合せ早々にテイクダウンを奪ったピレース。クローズドガードのバクジンスキーをケージに押し込むも、立ち上がられる。ダブルからシングルに移行し足を畳むピレース、スタンドをキープするバクジンスキーが距離を取りなおす。

バクジンスキーがジャブを伸ばし、前蹴りを見せる。フックを振り回し前に出るピレースは、直後にバクジンスキーの右ミドルをキャッチしてテイクダウンへ。頭を押して立ち上がろうとするバクジンスキーの腰をコントロールしたピレースが、スラムで叩きつける。ピレースは左のエルボーを落し、そのままトップキープし初回を戦い終えた。

2R、左ジャブを伸ばすバクジンスキーをシングルレッグでドライブし、ダブルレッグに移行してテイクダウンを奪ったピレース。バクジンスキーは立ち上がっても、ケージに押し込まれ削られていく。距離を取ったバクジンスキーはヒザ蹴りからハイ、ギロチンを仕掛けるもピレースは冷静に右ストレートを見せて、テイクダウンを奪い直す。

直ぐに立ったバクジンスキーは、体を入れ替えヒザ蹴りを見せてパンチを放つ。ピレースもすかさず右を打ち返すも、ジャブを顔面に受ける。ピレースはダーティボクシングでバクジンスキーの動きを止めるが、自らも攻め疲れからか反応が鈍い。それでもヒザ蹴りにテイクダウンを合せ、パスからパウンドを落してラウンドをまとめた。

最終回、テイクダウン狙いをスプロールしたバクジンスキーがヒザ蹴りから左ジャブを連打し、右フックを打ち込む。パンチを返すピレースだが、パンチを受ける際に頭が下がり非常に危ない。ヒザをボディに受けながら組みついたピレースだが、力がない。

それでも左右のパンチを振り回し、ダブルレッグでテイクダウンを奪う。ハイガードから、エビを使って立ち上がろうとするバクジンスキーをしっかりとホールドし、エルボーを落すピレースが、パウンドをまとめる。

ガードからエルボーを見せるバクジンスキー、体が動くのは彼だがスタンドに戻ることができない。インサイドガードで体を丸めるピレースは、ブレイクが掛からない程度に動きを見せる。

残り1分となり、案の定ブレイクが掛かると、ピレースはダブルレッグでバクジンスキーをドライブ。ケージに押し込んで、ボディロックからテイクダウンを奪い直す。オモプラッタから三角絞めを狙うバクジンスキーだが、そのまま立ち上がることができなずタイムアップを迎えた。

スタミナ切れを起こしながら、テイクダウンのみで逃げ切ったピレースのファイトは、改めてレスリングがMMAに有効な要素が見せつけた勝利となった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie