この星の格闘技を追いかける

【UFC184】初回の劣勢跳ね返したフーレンがUFC初陣でスプリットV

<フェザー級/5分3R>
マシオ・フーレン(メキシコ)
Def.2-1:29-28, 29-28, 28-29
アレックス・トーレス(コロンビア)

フーレンがいきなりショートを連打し、トーレスが組みに行く。トーレスはサイドキックで距離を取り、右ストレートをヒット。ガツンという音と共に動きが止まったフーレンにトーレスがクリンチからパンチ、さらにボディを入れる。フーレンも右ストレートを返し、トーレスのラッシュはここで止まる。フーレンは大振りのフックから左ミドルを決めるも、直後にトーレスがテイクダウンを奪う。寝技に行かず、自らスタンドに戻ったトーレスはフーレンに左ハイから再び右ストレートを打ち込む。足にきたフーレンだったが、トーレスの突進にテイクダウンを合わせる。ガードワークを駆使して大きなダメージを負うことなくトーレスはスタンドに戻ると、最後の打ち合いも打ち勝った。

2R、初回の打撃戦とは打って変わり、トーレスがフーレンをケージに押し込む展開が続く。エルボーを入れて離れたトーレスはフーレンの右フックに組み付いて再びケージ際へ。残り半分となってオクタゴン中央に戻った両者、パンチを振るうフーレンにトーレスは徹底して組みついていく。しかし、明らかにスタミナを切らし動きが鈍くなったトーレスはフーレンのパンチを顔面に被弾し、打撃の圧でケージ際に追い込まれる。右アッパーを受けて下がるフーレンは右ストレートをカウンターで打ち込み、パンチのラッシュでラウンドを締めくくった。

最終回、序盤から激しい打ち合いを制したフーレン。トーレスも右ストレートを打って離れる。フーレンは左右のフック、ヒザ、そして右フックとトーレスを攻め込む。飛びヒザも決めたフーレンに対し、トーレスは手が出ない。さらには初回は決まっていた──飛び込んでからの右ストレートにカウンターを合わされてしまう。打撃戦を諦めに組みに行くトーレスは執拗にクリンチを続け、ついにはバックに回る。残り30秒、正面に回ったトーレスが良い形でダブルレッグへ。テイクダウンを逃れるためにケージを掴んだフーレンに注意が与えられる。再開後は大きな動きがなく試合はタイムアップを迎えた。結果、スプリットでフーレンがUFC初陣同士の戦いを制した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie