この星の格闘技を追いかける

【Glory03】ドタバタのスーパーファイト、乱打戦をマテワが制す

<スーパーファイト/3分3R>
アルカ・マテワ(トルコ)
Def.138-135:1R48-45,2R50-40,3R40-50
マルコ・レエ(イタリア)

1R、レエが前蹴りと右ロー。マテワが右ストレートから前に出ていくと、レエは首相撲に捕まえる。ワンツーで前に出ていくマテワ。ロープ際を背負ったレエに右フックを打ち込み、レエが思わず横を向いて体がロープの外に出るとヒザ蹴りを突き上げる。距離を取りながらヒザ蹴りを狙うレエ。マテワは右フックを振って前に出ていくが、レエがタイミングよくインロー。

これでマテワがバランスを崩したところに、レイがヒザを放ち試合が中断。再開後は立ち上がったマテワは、右ローとヒザ蹴りを狙うレエに右フックで飛び込む。

2R開始直後、首相撲に持ち込もうとしたレエにマテワが右フック。これでマテワがダウンを奪う。再開後、レエのローに右のパンチを合わせて前進するマテワ。左フックから右ローを蹴る。レエも歩くように前に出てヒザ蹴り。マテワは左フック、右ミドルをフルパワーで繰り出す。さらにマテワはバックブローと右フック。レエも右ストレート、倒れ際にヒザ蹴りを突き上げる。終盤、マテワは左右のフックからヒザ蹴りを突き上げた。このラウンドはジャッジ5名が10-8でマテワとする。

3R、右フックから左ボディにつなげるマテワ。レエもヒザ蹴りを返して、下がりながらインローを蹴る。パンチで前に出るマテワは、レエの前蹴りを空振りさせて右ロー。両手を伸ばしてヒザ蹴りで前に出るレエ。マテワをコーナーに詰めると、パンチとヒザ蹴り。これでマテワがレエにしがみついて崩れ落ちると、レフェリーはこれをダウンと宣言する。そのまま試合は大きな山場を迎えることなく終了。判定は2Rと3Rにダウンを奪い合い、1Rのポイントが明暗を分けることとなり、マテワの勝利となった。

PR
PR

関連記事

Movie