この星の格闘技を追いかける

【Sambo】MMA経験のある2014年コンバットサンボ世界王者<03>スルタン・アリエフ

Sultan Sliev【写真】Bellatorでトーナメント出場経験があり、UFC出場も決まっているアリエフ。事故が起こらなかったことが幸運だったとしか言いようがないアリエフの出場だった(C)MMAPLANET

21日(金)、23日(日)まで3日間に渡り千葉県成田市の中台運動公園体育館で行われた2014 World SAMBO Championship Japan(世界サンボ選手権大会)。同大会からMMAで活動する2014年コンバットサンボ世界王者が5人誕生した。第3弾はスルタン・アリエフを紹介したい。

Aliev90キロ級で優勝したスルタン・アリエフ(ロシア)は既報の通り、来年1月のスウェーデン大会でUFCデビューが決まっている注目のコンバット・サンビストだ。初戦は対戦相手が棄権し不戦勝、わずか2試合で世界王者に輝いた。その2試合の勝ち方がまた圧倒的だった。準決勝ではチュニジアのワルディ・ジャワルを開始早々にダブルレッグで持ち上げ、自らの態勢は崩さずに綺麗に背中から落とし、一本勝ち。決勝ではそれまで打撃の圧力でずば抜けた強さを見せてきたフランスのセバスチャン・リベビの突進を僅かに左へ回り込み、右ショートフック一閃。

この一発で1分42秒KO勝ちをしたアリエフはMMAで13勝1敗の戦績を残しており、しかもBelaltorシーズン8ミドル級Tに出場実績を持つ。このときは準決勝のダグ・マーシャル戦で首をかしげたくなるようなスプリットで敗れ、キャリア唯一の黒星を喫した。ジャクソン&ウィンクMMAでトレーニングも積み、階級を落としてウェルター級でUFCに挑むアリエフ。コンバットサンボ90キロを制し、UFCでは77キロ=ウェルター級ケニー・ロバートソン戦が決まっている。国によってレベルの差が大きいコンバットサンボの世界大会に出場すること自体が、危険な存在だった。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN