この星の格闘技を追いかける

【PXC45】ヴォルカノフスキー、レイジェスの勢いを体力で封じ込め完勝PXCデビュー飾る

<フェザー級/5分3R>
アレックス・ヴォルカノフスキー(豪州)
Def.3-0
カイル・レイジェス(グアム)

前に出てくるヴォルカノフスキーに右ローを入れたレイジェスだが、直後に組まれてテイクダウンを奪われる。バタフライガードを潰し、右エルボーを落とすヴォルカノフスキー。レイジェスはハーフガードから、クローズドに戻し腕十字へ、そのまま回転してシングルへ。トップを取ったレイジェスだが、ヴォルカノフスキーがすぐに上体を起こして組みつき、リバーサルに成功する。

ケージを背にしたレイジェスが立ち上がると、ヴォルカノフスキーがギロチンへ。レイジェスは頭を抜いてダブルレッグでテイクダウン、サイドを取る。ニーインからマウントを奪ったレイジェス。すぐにヴォルカノフスキーがハーフに戻す。レイジェスは右エルボーを落とし、マウントの態勢に入ると、思い切りパンチを落とし背中を見せたヴォルカノフスキーにRNCを仕掛ける。背中が伸びたヴォルカノフスキーだが、上を向くとレイジェスの三角狙いに頭を抜いて立ち上がる。レイジェスはギロチンから後方に回転してリバーサル。起き上がったヴォルカノフスキーにヒザを入れる。ここでヴォルカノフスキーがダブルレッグでテイクダウンを奪取。ヴォルカノフスキー右のエルボーを連続で落としたところで、初回が終了した。

2R、左ミドルを見せたヴォルカノフスキーが、左フックを振り回す。レイジェスも左ミドルから右ストレート、続く左フックが空振りしバランスを崩すとバックを取られる。後方から鉄槌を入れるヴォルカノフスキーが、自ら後方に倒れ両足をフックする。マウントを取られたレイジェスは、背中を預けて前方にヴォルカノフスキーを落とすも、ここで立ち上がることができない。

亀のままのレイジェスにヒザを入れたヴォルカノフスキーは、足を掴みに来るレイジェスのバックに回りパンチからヒザをボディに入れる。ガードを取ったレイジェスはキムラからフリップに成功するが、この大切な場面でも立ち上がることができず、すぐに体を起こしたヴォルカノフスキーの左エルボーを連続で被弾する。動き、反応が鈍くなったレイジェスはシングルを決めきれず動きが止まる。後方に回ったヴォルカノフスキーが勢いづいてパンチ&鉄槌を連打する。足を取りにいってはかわされるレイジェスは、バックを許してRNCに入られる。ここは懸命に体を捩じり続け危機を脱したレイジェスだったが、ラウンド終盤も下になってパンチを受け、相当疲弊した状態で最終ラウンドを迎えることとなった。

ヴォルカノフスキーが左ロー、さらに左右のフックを入れる。右のショートも打ち込んだヴォルカノフスキーはレイジェスの左をかわして組みにいくも、切られてヒザを蹴り合った直後にフックを受ける。即座に組み付いてテイクダウンを奪ったヴォルカノフスキーがエルボーを顔面に落とす。観客のレッツゴー・ブーンという声援にも体が動かないレイジェスはクローズドガードへ戻すのが精いっぱい。ヴォルカノフスキーはガードの中から構わずパウンドを見舞っていく。蹴り上げから組みに行ったレイジェスだが、ここもヴォルカノフスキーがバックに回り引き込むようにガードへ。

勢いのあるパウンドを落とすヴォルカノフスキーの圧力に、防御一辺倒になったレイジェスは左ワキを差すも、またもバックに回られる。起き上がって胸を合わせたレイジェスがマウントに入ろうとするが、ヴォルカノフスキーがスクランブルから立ち上がり、テイクダウンへ。ギロチン&スイープを狙ったレイジェスを潰しトップを取ったヴォルカノフスキーが、フィジカル&ストレングス、そしてコンディショニングの違いを見せつけ、2R以降はレイジェスを圧倒。PXC初戦でグアムの新鋭を下し、フェザー級タイトルコンテンダーに一躍名乗り出た。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie