この星の格闘技を追いかける

【UFN54】もう1人のTUF NATIONS覇者ラプリーズもセデーリョを完封し判定勝ち

<ライト級/5分3R>
チャド・ラプリーズ(カナダ)
Def.3-0:30-27,30-27,30-27
ヨスデニ・セデーニョ(キューバ)

セオドロに続きTUF NATIONSウィナーのラプリーズが登場。セデーニョが荒い打撃を放ち組みついてきたが、ラブリーズは逆にケージに押し込み小外掛けを仕掛ける。距離を取り直すと、ラプリーズは思い切り右オーバーハンドを放つもこれは空振りに。セデーニョの左に右を合わせ、直後にダブルレッグでテイクダウンに成功する。ラプリーズは足を一本抜いて上体を固めてからマウントへ。バックマウントに移行すると、4の字フック。パンチ、RNCを狙うが残り1分で、セデーニョが胸を合わせる。ラプリーズは蹴り上げからスタンドに戻り、初回が終了した。

2R、シングルレッグに出たラブリーズに対し、セデーニョはキムラ・クラッチから後方に投げるようにスクランブルに持ち込みスタンドへ。左フックを受けたセデーニョが組み付いてきても、ラブリーズはボディロックからテイクダウンに成功する。立ち上がろうとしたセデーニョからバックマウントを奪ったラプリーズは、ここでも4の字フックからRNCを狙う。まるで1Rのデジャブのように胸を合わせたセデーニョ。初回と違い、ラブリーズはスタンドに戻ることなくラウンド終了を迎えた。

最終回、荒い打撃戦からラブリーズが組み付きケージへ。離れてローを蹴りあった両者、ラプリーズの左フック、右ローがセデーニョに決まる。続いて右を当てたラプリーズ。そのまま打撃戦を支配したラプリーズに対し、セデーニョは足を使って逃げるシーンが目立ってくる。残り1分でテイクダウンに成功したラプリーズは、最後に後方への大きなスープレックスで観客席をわかせ、判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie