この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX04】ローゾン×ヴァーナーの異種オールラウンダー対決

2012.08.03

Lauzon

【写真】28歳ながら、ジェイミー・ヴァーナー戦がキャリア29戦目となるジョー・ローゾン。打撃の組み技の融合というよりも、打撃から組みの流れが素晴らしいファイターだ (C) MMAPLANET

4日(土・現地時間)、ロサンゼルスのステイプルセンターで開催されるUFC on FOX04「Shogun vs Vera」。ライトヘビー級王座挑戦権が懸けられたメインとセミに注目が集まっている同大会だが、ライト級でも気になる試合が組まれている。

それがジョー・ローゾン×ジェイミー・ヴァーナー戦だ。元々ローゾンとテリー・エティムが戦う予定だったが、エティムの負傷によりヴァーナーが出場機会を得て、より興味深いマッチアップとなった。UFC JAPANでアンソニー・ペティスの左ハイキックにKO負けを喫したローゾンだが、いわゆる現代MMA的な意味合いではないオールラウンダーだ。

テイクダウンが軸となり、打撃とトップコントロールを万遍なく駆使し、トータルの部分で勝負する現代MMAオールラウンダーに対し、ローゾンは打・倒・極という流れを持つ。同じオールラウンダーでも打撃は打撃、極めは極めという部分でフィニッシュができる。

打撃でダメージを与えた相手から、ポジションを奪い、サブミッションでケリをつけることができるローゾン。28歳という年齢ながら、2004年とUFC人気が爆発する以前からMMAで戦ってきただけに、フィニッシュに拘るタイプのファイターだ。UFCデビュー戦でジェンス・パルヴァーをKOし、そのパルヴァーがコーチを務めたTUFシーズン5でチーム・ペンに所属したローゾンのUFC戦績は8勝4敗、世界最高峰で十分な戦績を残しているといえる。

Varner【写真】MMA戦績29勝6敗のヴァーナー、外見ではそうは見えないが、ローゾンより一つ若い27歳だ。UFC復帰戦となった5月のエジソン・バルボーサ戦は見事なTKO勝ちだった (C) GONGKAKUTOGI

そんなローゾンと戦う元WEC世界ライト級王者ヴァーナーは、5月に5年振りのUFC復帰を果たし、エジソン・バルボーサの5連勝を阻止している。ヴァーナーもまた、ポイントメイキング・タイプとも、ローゾンとは一味違うオールラウンダーだ。テイクダウンとボクシングが武器だが、前に出ていくゴツゴツとしたタイプのヴァーナーは、ローゾンの流れるような攻めを遮断できる一発を持っている。

その一発を受けずに、ローゾンがペースを握ることができるか。いずれにせよ、ノンストップアクションのアグレッシブな戦いになることは間違いない。

■UFC FOX04対戦カード

<ライトヘビー級/5分5R>
マウリシオ・ショーグン(ブラジル)
ブランドン・ベラ(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
リョート・マチダ(ブラジル)
ライアン・ベイダー(米国)

<ライト級/5分3R>
ジョー・ローゾン(米国)
ジェイミー・ヴァーナー(米国)

<フェザー級/5分3R>
ナム・ファン(米国)
コール・ミラー(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
フィル・デイビス(米国)
ヴァグネル・プラド(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
マイク・スウィック(米国)
ダマルケス・ジョンソン(米国)

<フェザー級/5分3R>
ジョシュ・グリスピ(米国)
ハニ・ヤヒーラ(ブラジル)

<ヘビー級/5分3R>
フィル・デフリーズ(英国)
オリ・トンプソン(英国)

<フェザー級/5分3R>
マニー・ガンバーリャン(米国)
小見川道大(日本)

<フライ級/5分3R>
ユリシーズ・ゴメス(米国)
ジョン・モラガ(米国)

PR
PR

関連記事

Movie