この星の格闘技を追いかける

Strikeforce「Rockhold vs Kennedy」全試合結果&レポート

Rockhold【写真】ストライクフォース参戦から9つの勝利を積み上げたロックホールド。2度目の防衛戦は、昨年9月のジャカレ戦以来2度目となる、5Rを戦い抜いての判定勝ちだ (C) ESTER LIN/Showtime

2012年7月14日(土・現地時間)、米国オレゴン州ポートランドのローズ・ガーデンでは、Strikeforce「Rockhold vs Kennedy」が開催された。

ルーク・ロックホールド×ティム・ケネディの世界ミドル級選手権試合を筆頭に、ウェルター級初陣となるネイト・マーコート×タイロン・ウッドリーの世界ウェルター級王座決定戦、ホジャー・グレイシー×キース・ジャーディンのミドル級戦、さらにはパット・ヒーリー×廣田瑞人戦と、同大会では好カードがズラリと並んだ。

打撃戦からテイクダウン&スプロール合戦による消耗戦の様相を呈したメインは、ロックホールドがケネディから判定勝利、2度目の王座防衛に成功した。セミのウェルター級王座決定戦は、昨年3月のUFC128以来の試合となったマーコートが、ウッドリーを相手に貫録のTKO勝ち。ケージ際でパンチのコンビネーションから最後はアッパーで試合を決めた。

また、昨年9月のキング・モー戦でMMA初黒星を喫したホジャーは、ミドル級でジャーディンと対戦、テイクダウン&ポジショニング、隙あらばサブミッションを仕掛けては、パウンド&エルボーで削るという試合運びで完封勝利。日本からストライクフォース初参戦を果たした廣田は、ヒーリーを相手に序盤からテイクダウン、パンチで優勢に試合を進めるも、中盤以降、テイクダウンを許し、下になる時間が徐々に増えるなど苦戦を強いられ、最後は判定で敗れる結果となった。その他、全試合結果&詳細レポートは下記の通り。

ストライクフォース世界ミドル級選手権試合/5分5R
[王者]
○ルーク・ロックホールド
(米国)
5R終了
判定
詳細はコチラ
[挑戦者]
ティム・ケネディ×
(米国)
ストライクフォース世界ウェルター級王座決定戦/5分5R
○ネイト・マーコート
(米国)
4R1分39秒
TKO
詳細はコチラ
タイロン・ウッドリー×
(米国)
ミドル級/5分3R
○ホジャー・グレイシー
(ブラジル)
3R終了
判定
詳細はコチラ
キース・ジャーディン×
(米国)
ミドル級/5分3R
○ロレンツ・ラーキン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ロビー・ローラー×
(米国)
ライト級/5分3R
○パット・ヒーリー
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
廣田端人×
(日本)
ライト級/5分3R
○ライアン・クートゥアー
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ジョー・ドゥアルテ×
(米国)
ライト級/5分3R
○ホルヘ・マスヴィダル
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ジャスティン・ウィルコックス×
(米国)
ウェルター級/5分3R
○ジョーダン・メイン
(カナダ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
テイラー・スティンソン×
(米国)
ウェルター級/5分3R
○ジェイソン・ハイ
(米国)
1R0分26秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
ネイト・ムーア×
(米国)
PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY