この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC08】離れて良し、近づいても良し。ロクサン、打撃に長足の進歩を見せラロサ戦を制す

Modafferi vs LaRosa【写真】ハッピーウォリアー=ロクサンが、見事な打撃を披露しラロサを下した(C)ESTHER LIN/INVICTA FC

<フライ級/5分3R>
ロクサン・モダフェリ(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 29-28
タラ・ラロサ(米国)

左ジャブの相打ちで試合はスタート、ラロサの左ジャブに対し、ロクサンが右ストレートを打ち込む。ステップを踏みながら右ストレート、左ジャブを放つロクサンにラロサも左ジャブで迎え撃つ。打ち合いになると、ロクサンが右へステップ、ラロサはスーパーマンパンチを見せる。左ローを2発放ったロクサンは、ラロサの前進に右フックを合わせる。ヘッドムーブ、ステップともに打撃に成長のあとが見えるロクサンは、左フックを入れる。

残り2分、右フックを交換したあとも、左ジャブの打ち合いなど見応えのある打撃戦が展開される。ロクサンは左ミドルをヒット、ラロサは右ロー。ロクサンが右ミドルを返し、右ストレートを伸ばす。続いて左ローから右フックを狙ったロクサンが、ペースでラロサを上回るか。と、ラロサが右フックを振るって前へ。ロクサンも右ストレートを返す。ロクサンの前進をラロサは前蹴りで阻止、熱い初回が終わった。

2R、左ジャブから右ミドルを放ったロクサン。左ジャブは、ラロサの左を合わされ、もう半歩前に出ることができない。ロクサンは後ろ回し蹴り、ラロサも同じ技を返す。軽快にステップを踏むロクサンだが、接近戦で負けるということもなく、果敢にフックを振るい合う。前蹴り、右ミドル、右ローと蹴りも多用するロクサン、ラロサはスーパーマンパンチ、スピニングバックフィストを放つ。

左へ移動し、軸は外しながら右ストレートをラロサの正中線にもってきたロクサン。さらにラロサのスーパーマンパンチに右を合わせたロクサンだったが、直後にラロサも右フックを打ち込む。ラロサの左インサイドローに、ロクサンは右ストレート。ラロサは前蹴りを連続で見せるも、着地に合わせロクサンは前進、右フックを放った。

最終回、まずはロクサンが右ミドルをヒット。続いて右ストレートでついにダウンを奪う。足の動きが止まったラロサに、ロクサンは左ストレート、続いて右ストレートから連打を放つなど優勢に試合を進める。ラロサも右オーバーハンドを見せ、勝負を諦めない。しかし、そのオーバーハンドの軌道を読めるようになったロクサンは、しっかりとバックステップでかわしていく。勢いはあるが、届かないラロサの攻撃。ロクサンはやや距離を遠目に置き、残り90秒になって再び距離を詰めて左右のコンビネーションを見せる。

離れると左右への激しいステップから、踏み込んで右ストレート。最後は足を使ってラロサを捌いたロクサン、試合終了の合図とともに計量時と同様に両者が固く抱き合った。結果は3-0でロクサン、見事というしかない進歩を見せるとともに7戦ぶりの白星を得た。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie