この星の格闘技を追いかける

【OFC19】田中、バーンズに判定負けでOFC初陣を飾れず

Burns vs Tanaka【写真】打撃を当てられても、当て返していた田中だが、エウベウは要所でテイクダウンを決め判定をモノにした(C)MMAPLANET

<フェザー級/5分3R>
エウベウ・バーンズ(ブラジル)
Def.3-0
田中半蔵(日本)

サウスポーの田中に対してバーンズがプレッシャーをかけていく。バーンズは右ミドル、田中もパンチから組みつこうとする。バーンズは右ミドルからタックル。一度は距離を取られるが、今度は右ストレートからタックルで組みつき、田中をケージに押し込む。ここからケージレスリングの展開となり、バーンズが立とうとする田中の足を手で持ち上げ、自分の足で払って寝かせようとするが、田中は立ち上がる。

そのままケージに押し込むバーンズは距離を作って右ヒジ、体位を入れかえた田中が細かくヒザを入れてブレイクとなる。再開後、バーンズが右ストレート、田中も左ストレートを返す。バーンズが右ハイキックから組みつき、両差しでテイクダウンを奪うと、一気にバックに回り込んでリアネイキッドチョークへ。残り15秒で腕十字に切り返すが、田中が腕を抜いて立ち上がる。

2R、先に左ストレートを当てる田中だったが、バーンズが右ストレートを当てて尻餅をつかせる。すぐに立ち上がった田中。そのまま組みついたバーンズは田中をケージに押し込んでヒジ・ヒザを入れる。一旦、距離が離れると、バーンズが右ストレートのプレッシャーをかけながら前進。ケージを背負う田中にダブルレッグに入ると、そのまま持ち上げるようにテイクダウンする。

田中は尻餅をついてケージに背中をあずけて立ち上がろうとするが、バーンズは田中の足に座るようにして両足をクラッチ。ニアマウントの状態からパンチとヒジ、距離が開くと顔面にヒザ蹴りを突き刺す。立ち上がる田中は組みついてきたバーンズの脇をくぐってバックにつき、ラウンド終了となった。

3R、バーンズが右ハイキック、そのままプレッシャーをかけて田中をケージまで下がらせる。組みついたバーンズは自ら引き込むようにガードポジションを取ると、田中は立ち上がってローを蹴り、レフェリーはブレイクを命じた。再開後、バーンズのインローに田中が左ストレートから右フック。バーンズもすぐに右ストレートを返して譲らない。

田中はバーンズのタックルを切って左右の連打。バーンズはガードを固めるとダブルレッグに入って田中をテイクダウン、ここも田中は尻餅をついてケージに背中を預けて体を起こすが、しつこくバーンズが組みついてトップキープのチャンスをうかがう。残り30秒を切るとバーンズは顔面へのヒザ蹴りを繰り出し、最後はバーンズが田中をがぶった状態で試合終了。今回がOFCデビュー戦の田中だったがバーンズに判定負けを喫した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie