この星の格闘技を追いかける

【OFC04】フランスのルポンが、チョイから逆転リアネイキドチョーク

2012.06.23

<ライト級/5分3R>
アルナウド・ルポン(フランス)
Def.3R1分39秒 by リアネイキドチョーク
ブライアン・チョイ(韓国)

クアラルンプール在住のフランス人ファイター、ルポンに声援が集まるなか、試合がスタート。そのルポンは違反のテーピングをしてきたということで、マイナスポイントが既に与えられている。手打ちのロングフックの打ち合いで試合ははじまり、チョイがテイクダウンを狙うが、スプロールしたルポンが左右のフックを打ち込む。

チョイもフックを返し、ヒザ蹴りからテイクダウンを再び狙う。これを防いだルポンは、フックからヒザ蹴りを見せる。チョイがダブルレッグでテイクダウンに成功すると、ルポンはキムラを狙うが、腕を引抜いたチョイがインサイドガードから細かいパウンドを落とす。寝技になると、一気に動きが止まった両者。チョイが時折りパウンドを落としながら、ルポンをケージ際に押し込む。クローズドガードのルポンは、舌を出して観客を煽るも、腰をコントロールされ立ち上がることができない。

動きが少ないままの両者は、ブレイクが命じられスタンドに戻る。ルポンは疲れを隠せず、前蹴りを放ったところでチョイがテイクダウンを決め、1Rが終了した。

2R、ハグをしてから戦いに挑む両者、スポーツマンシップという声もあるが、どうにも緩い。首相撲からヒザを狙うルポンに、チョイがフックを打ち込み、続いてダブルレッグからテイクダウンへ。

ヒップスローを狙ったのか、腕を上げて上体を起こしたルポンから、チョイがバックを奪う。両足をフックしようとしたが、前方に落とされたチョイはシングルレッグへ。キムラで耐えるルポンが頭部にエルボーを落とす。腕を抜き、胸を合わせたチョイを押しのけたルポン。再び打撃の間合いになり、ルポンがエルボーを放つも、チョイは打撃戦には付き合わず、テイクダウンに。残り1分、トップキープのチョイは、5秒に一度のペースでパンチを落とし、そのままラウンドを戦い終える。

最終回、チョイのパンチがヒットしルポンが尻もちをつく。グラウンドに飛び込んだチョイは、ルポンのキムラを凌ぎサイドへ。ワキを差して立ちあがったルポンに、即シングルを仕掛けたチョイだが、鉄槌を落としギロチンを仕掛けられる。これを逃れる際に背中を見せるミスをおかしたチョイ。両足をフックしたルポンが、リアネイキドチョークで逆転の一本勝ちを収めると、勝者は驚きの青木真也へのチャレンジを口にした……。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday