この星の格闘技を追いかける

【TUF15】オリヴェイラが打撃戦の末にギロチンで一本勝ち

<フェザー級/5分3R>
シャーウス・オリヴェイラ(米国)
Def.2R2分42秒by ギロチンチョーク
ジョナサン・ブルッキンス(米国)

 サウスポーのブルッキンスに対し、左ローを放っていくオリヴェイラ。さらに右ストレートを伸ばしながら前に出て、右ミドルも蹴り込む。ブルッキンスもスーパーマンパンチから組みついていくが、オリヴェイラは首相撲からヒザ、離れても切れのある右ミドルを見せる。

 飛びヒザを見せたオリヴェイラをキャッチしたブルッキンスがテイクダウンに成功するが、すぐにオリヴェイラは腕十字からオモプラッタを仕掛ける。腕を抜き立ち上がったブルッキンスは、スタンドで待機する。再び打撃戦になると、ブルッキンスの左ストレートがヒット。距離を詰めたオリヴェイラが右を伸ばし、右ローからパンチを放つ。

 右フックでブルッキンスの動きを一瞬止めたオリヴェイラ、右から左、そして右ローを蹴り込むと、パンチのコンビネーションで前に出る。ブルッキンスもフックで反撃に移るが、オリヴェイラもヒザ蹴りから右ストレートとラウンド終了まで打撃で前に出続けた。

 インターバル中は鼻を気にしていたオリヴェイラだったが、2Rに入ると手数が少なくなっている。ブルッキンスの左右のフックを受け、ようやく前に出たオリヴェイラが右ストレートを打ち返す。左フックから、右ストレート、飛びヒザを見せたオリヴェイラ。組みつきにいくと、ブルッキンスは首を抱えてギロチンへ。そのままテイクダウンに持ち込んだオリヴェイラは、首を引抜いてエルボーを落とす。体を起こして立ち上がろうとしたブルッキンスだが、オリヴェイラがギロチンで受け止め、そのままタップを奪った。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY