この星の格闘技を追いかける

【UFN44】クレイグ、終了間際の猛攻もフェレイラに判定負け

2014.06.29

<ミドル級/5分3R>
セザール・フェレイラ(ブラジル)
Def.3-0:30-27. 29-28. 29-28
アンドリュー・クレイグ(米国)

サウスポーのフェレイラ、クレイグの右ハイに左ストレートを合せてダウンを奪う。亀のクレイグにがぶりからダース狙い、リストを取られると肩口にヒザを放っていく。立ち上がって距離を取った両者、フェレイラが左ミドルを蹴り込む。フェレイラの左ストレートはかわしたクレイグ、引き続き左ミドルを受けてややガードが下がったか。カポエイラのようなステップを見せたフェレイラ、とクレイグが左側頭部をカットし流血している。

そのクレイグの左ジャブに左アッパーを合わせたフェレイラが、左ストレートから左ハイを繰り出す。残り90秒、ファレイラは右から左を伸ばすも当たりは浅い。対してクレイグは手数自体が少ない。右に左を合わされるクレイグは、その右に飛び込むようなダブルレッグを合わされテイクダウンを奪われる。背中を譲りながら立ち上がったクレイグは、攻勢を取ることなく初回を戦い終えた。

2R、右から左のコンビネーションを見せたクレイグ、フェレイラは即左ミドルで反撃に移る。クレイグは左ミドルを受けることで、どうしても右のガードが下がってしまう。今度は左ローを蹴り込んだフェレイラは続いて左ボディストレートをヒットさせる。フェレイラの左ストレートにクレイグが右ヒザを見せる。続くダブルレッグを切ると、右ハイを2発。いずれも空振りに終わったクレイグは、フェレイラの左ハイはしっかりとガードする。

フェレイラもスピニングバックフィストを空振り。続いてダブルレッグで組みつくも、ケージに押し込む展開となり自ら距離を取り直す。左へ回るフェレイラ、クレイグが前に出てくると右を合わせようとする。残り20秒でテイクダウンを仕掛けたクレイグだが、スプロールしたフェレイラがカポエイラ流の後回し旋回キック。この蹴りも空振りとなり2Rが終わった。

最終回、クレイグの左ジャブに左エルボーを打ち込んだフェレイラが、直後にダブルレッグでテイクダウンを奪う。背中をベタッとマットにつけクローズドガードを取るクレイグ。と先ほどのエルボーで切れたか、クレイグの顔面が真っ赤に染まっている。腰をコントロールして両足をフックしたフェレイラは、両ワキを差した状態から、襷掛けへ。そのまま右腕をアゴの上から巻きつけRNCを狙う。腕を入れ替えたフェレイラの頭部にパンチを入れるクレイグだが、バックマウントから逃れることができない。

残り2分を切り、執拗にフェイスロック気味にRNCを仕掛けるフェレイラ。クレイグは左腕の手首を両手で掴み、前方にフェレイラを振り落す。クレイグはフェレイラの立ち上がり際に右ハイキックを入れると、ガードしたように見えたフェレイラが後方に崩れる。クレイグはガードを取るフェレイラにパウンドを入れ、立ち上がったところに右ストレート、再度右ハイを狙う。最後に逆転KO間近まで持ち込んだクレイグだが、惜しくも時間切れに。結果は3-0でフェレイラが勝利した。

PR
PR

関連記事

Movie