この星の格闘技を追いかける

【UFC137】ヨルゲンセンが“寝業師”カーランを退ける

<バンタム級/5分3R>
スコット・ヨルゲンセン(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、30-27
ジェフ・カーラン(米国)

左ジャブを連打するヨルゲンセンに、右ローを放つカーラン。ヨルゲンセンの左が届き、カーランの左がその顔面を二度ほど、かすめる。テイクダウンからトップを取ったヨルゲンセンにカーランはクローズドガードを取る。

オープンになるとパンチ、エルボーを落としパスを狙うヨルゲンセンだが、カーランはしっかりと足を利かせている。シザーススイープを仕掛けたカーランにヨルゲンセンは何とかバランスをキープする。フックガードのカーランに、ヨルゲンセンがエルボーを落とす。

残り1分で立ち上がろうとしたカーランだったが、すぐに腰をコントロールしたヨルゲンセンが、テイクダウンに成功する。ローでバランスを崩したヨルゲンセンは、再びテイクダウンに成功し、1Rを戦い終えた。


2R、遠い距離からパンチを繰り出すカーラン。距離が狭まるとヨルゲンセンが、がぶっていく。カーランの股をすくってスラムのようにテイクダウンへ。ガードから組みついてきたカーランにヨルゲンセンは、得意のギロチンを見せる。

“寝業師”カーランはしっかりと対処して、その後もリバーサルを仕掛けるが、どうしてもトップは取れない。ガードを強いられ続けるカーランはスイープから上を取りかけるが、ヨルゲンセンがシングルレッグの形に留まり背中をつけない。そればかりか、逆にカーランが倒されそうになったところで、2Rが終了した。

最終回、序盤は打撃の攻防が続き、カーランがボディ、アッパー、左ハイを見せるもクリーンヒットはない。左ジャブから右ローを見せたカーランに対し、ヨルゲンセンは右を伸ばす。カーランの手数が多いこのラウンド。カーランのローでヨルゲンセンがバランスを崩す。

残り2分、ヨルゲンセンがカーランをドライブし、ケージ際の攻防へ。ヨルゲンセンがカーランをケージに押し込んでいく。スタンドの間合いに戻った両者。カーランの右ハイは空振りになり、テイクダウン狙いも潰されてガードを取ったところで試合終了を迎えた。結果、ヨルゲンセンが3-0で判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie