この星の格闘技を追いかける

【BFC47】成熟した試合運び。カーランがロニー・マン下す

<フェザー級トーナメント準決勝/5分3R>
パット・カーラン(米国)
Def.判定3-0:30-27, 30-27, 29-28
ロニー・マン(英国)

ロニーの左に、奥足で前蹴りを放っていくカーランは、さらに左ジャブに左フックを合わせていく。ならばと、パンチからローのコンビネーションを見せるロニー。距離が詰まると、ワンツーからスリーまで合わせるカーランは、離れるとフライングニーを見せる。

しっかりと距離をキープするカーラン。手数は少ないが確実にプレッシャーを与えているようだ。フライニングニーから組みついたカーランは、ヒザをボディに突きあげテイクダウンに成功する。

ロニーはラバーガードの状態になるが、カーランは足が掛かっている方向に回りながら、距離を取る。すると、反対の方向にパスを仕掛け、ハーフの状態に。ロニーが左ワキを差していくが、もう一方の手でパンチを受け、体を起こすとダースチョークを狙われるため、身動きがとれない。ロニーはそのまま鉄槌を落され、1Rを戦い終えた。


2R、「距離を空けすぎ」とショーン・トンプキンスの指示を受けたロニーだが、前に出たところに右フックを受ける。果敢に打ち込んでも、被弾するロニーは距離を詰めることができない。遠い距離から大振りのフックを狙っても、その拳はカーランに届かず、逆にローや前蹴りで行く手を阻まれる。

フライングニーからパンチの連打につなげようとするカーランに対し、ロニーはケージ際にステップバックし距離をとりなおす。カーランは左ミドルを2発放ち、左を振るったところに、ロニーのストレートがヒットする。ニーで距離を詰めてからパンチを振るうカーランの動きを把握するようになったロニーだが、受け身の状態は変わらない。

残り30秒、ケージを背にしてサイドステップを繰り返すロニーに、カーランは低い体勢で足をスイッチしたフライングニーからダブルレッグへ。ロニーはギロチンから後方に倒れ込むが、一回転するようにカーランがトップを回り込んだところで、2Rがタイムアップに。

最終回、カーランのダブルレッグを切るロニー。逆転には2Pを跳ね返す攻撃が必要だが、カーランの右ボディ、右ローを受けて動きが止まってしまう。強烈な右ローを見せたカーランは、ロニーの左回りを止めにかかる。ロニーは一本足でカットし、重心が上になると、さらにローを重ねるカーランは、左のフックを打ちこみ、続いて左ジャブ。

ローで揺さぶり、距離を詰めるようで詰め切らないカーランに対し、攻め手のないロニーだったが、残り15秒を切り、バックに回り込みグラウンドへ。絞めを受けないようパンチを放つカーランが、体を入れかえたところで首を狙ったロニーだが、ここで3R、そして試合終了を迎えた。

カーランは堅実な戦いで、ロニーの試合をさせず、3-0で勝利。決勝でマルロン・サンドロと戦うことが決まった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie