この星の格闘技を追いかける

【UFC128】ミラー、7連勝でタイトル挑戦を熱望

■ライト級/5分3R
ジム・ミラー(米国)
Def.3R2分15秒 by TKO
カマル・シャルロス(イラン)

サウスポーのミラーに、シャルロスは左フック、ローを見せるが、ミラーもワンツーを打ち込む。左フックを警戒しつつ、シャルロスの懐に飛びこむミラーは、右ジャブから右ローを見せるも、決して打ち勝つという展開には持ち込めない。

ミラーの左ミドルをキャッチしたシャルロスは、テイクダウンでなくフックを重ねる。と、ミラーは左ボディストレートを見せ、ジャンピングニーに。これをすくわれテイクダウンを奪わるも、すぐに立ち上がる。シャルロスは強烈なローを蹴り込んでいく。ローに合わせ、距離を詰めたミラーはヒザを見せ、一度距離をとると左ハイをヒットさせる。


シャルロスの大振りの左右のフックを見切り、距離を詰めたミラーは、テイクダウンに合わせてギロチンを見せようとしたが、これはすっぽ抜けてガードを強いられる。レフェリーのブレイク後、試合がスタンドに戻ると、ラウンド終了間際のギロチンが再びすっぽ抜けるなど、ミラーは調子を掴めないまま初回を終える。

2R、打撃戦が続くなか、シャルロスがシングルレッグを仕掛けると、ミラーはフライングトライアングルを見せる。この試みは放り投げられるように未遂に終わるが、ミラーは非常に低いシングルレッグを決めると、そのまま一気にバッククラブの状態まで持っていく。四の字フックを続けるミラーに、シャルロスはのどを庇いながら、胸を合わせようと懸命に粘りを見せる。

ミラーからみて、シャルロスの体がやや右半身により過ぎており、チョークは難しいと思われるが、ミラーは構わずフェイスロックからアゴを固めていく。パンチとフェイスロックを繰り返すミラーは、バックグラブの状態で2Rを終える。

3R、パンチのスピードがスローに感じるようになったシャルロスだが、ミラーのハイペースは陰りが見られない。シャルロスのテイクダウン狙いを切ったミラーのローが、急所をかすめ試合が一時中断する。

再開後、お見合いが続くも、ミラーの左がヒット。さらにアッパーを打ち込み、左ヒザを突き上げると、シャルロスがケージ際でダウン。ミラーは、そのまま背中を向けたシャルロスにパウンドを連打し、UFC9勝目を挙げ、ジワリとタイトル戦線に浮上。「これで7連勝だ。タイトルに挑戦したい」と、ミラーは地元のファンの前で宣言した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie