この星の格闘技を追いかける

King of Amsterdamはカマルに、レヴィンは王座戴冠

2010.12.21

18日(土・現地時間)、アムステルダムのザ・サンドでは、FIGHT CLUB PRESENTS IT’S SHOWTIME45「X’mas EDITION」が開催された。

欧州ナンバーワン・ファイティング・プロモーションとして大いに飛躍した2010年掉尾の大会は、メインで“King of Amsterdam”の座を賭けて戦った2人の新鋭が、とんでもない打ち合いを演じてみせた。

世界77キロ級王座決定戦をセミに追いやってメインを任されたモハメッド・カマル×モサブ・アムラーニの一戦は、これでもかというパンチ合戦となり、カマルが優勢ながら、3Rでは決着がつかず延長戦へ。延長序盤、ラッシュを掛けたアムラーニだったが、中盤からスタミナのロスから動きが止まり、カマルのパンチの前に頭を振って棒立ちになる場面も。結果、カマルが延長の激闘を制した。

77キロ世界戦はロシアのオーテム・レヴィンが前蹴りで、ロシネ・オグズニの視力を奪いTKO勝利、ベルトを来年7月にイッツショータイムが開催される母国へ持ち返ることとなった。なお、K-1ファイター、フレディ・ケマイヨはアンデウソン・シウバの右ハイキックで大きく頭部をカットし、1RKO負けを喫している。

IT’S SHOWTIME45 主要試合レポート一覧へ

<WECファイナル!!>
2010年12月16日の「WEC53」イベントを最後に、UFC統合が決まっている軽量級最高峰のMMAイベント=WEC。貴重なWECグッズ&ベストDVDは残りわずか!購入はお早めに!!

PR
PR

関連記事

Movie