この星の格闘技を追いかける

【UFC VERSUS】信念の結実、岡見&五味が揃って勝利!!

8月1日(日・現地時間)、カリフォルニア州サンディエゴ・スポーツアリーナでは、UFC on Versus「JONES vs MATYUDHENKO」が開催され、日本から岡見勇信&五味隆典が出場を果たした。

当初は、ユタ州ソルトレイクシティのエナジーソリューション・アリーナで開催される予定だった同大会。UFC2戦目となる五味は、連敗が許されない中、ジョー・スティーブンソンの負傷欠場により、2カ月弱のインターバルで試合に臨むタイソン・グリフィンと、また、セミファイルに出場し、大会ポスターにも顔が載る岡見は、高いテイクダウン能力と剛腕&パウンド、粘り腰を持つマーク・ムニョスとそれぞれ対戦した。

日本人として先陣を切った五味は、試合開始早々、タイ・グリのローに合わせて右の拳を叩き込み、鮮やかなKO勝ちをスコア。時間にして1分強。背水の一戦にも臆することなく、全米に、そして日本の格闘技界にも火の玉ボーイ健在をアピールした。

そして、セミに登場した岡見は“難敵”ムニョスを相手に苦しいシーソーゲームを強いられるも、度重なるテイクダウン狙いに決して気持ちを切らすことなく、鋭い打撃を打ち込み、最後は2-1のスプリットで接戦を制してUFC9勝目。信念を貫き、前に出る姿勢で戦いに臨んだ岡見は、自身が目標に掲げる来年前半での王座挑戦にまた一歩近付いた。

さらに、メインイベントでは、MMA10戦9勝で、唯一の1敗もマット・ハミル戦での反則のヒジ打ちのみ。その直前までは圧倒的な強さで試合を有利に進めていたジョン・ジョーンズが、UFC復帰後2連勝を挙げている大ベテラン=ウラジミール・マティシェンコと対戦すると、まさに暴風のような強さでテイクダウンからエルボーを連打、ワンサイドゲームで完勝した。

<待望の2010年国内版、いよいよ登場!>
UFC(R) Undisputed(TM) 2010(国内版)
9月9日発売決定!

予約特典:9月5日18:00までにお申込の方は10%OFF!!!
全世界出荷累計400万本を記録した格闘ゲームの最新作は、前回作を凌ぐ大幅リニューアル、絶対に見逃すな!

第10試合 ライトヘビー級/5分3R
○ジョン・ジョーンズ
(米国)
1R1分52秒
TKO
詳細はコチラ
ウラジミール・マティシェンコ×
(ベラルーシ)
第9試合 ミドル級/5分3R
○岡見勇信
(日本)
3R終了
判定
詳細はコチラ
マーク・ムニョス×
(米国)
第8試合 ウェルター級/5分3R
×ジョン・ハワード
(米国)
3R2分21秒
TKO
詳細はコチラ
ジェイク・エレンバーガー○
(米国)
第7試合 ライト級/5分3R
×タイソン・グリフィン
(米国)
1R1分4秒
TKO
詳細はコチラ
五味隆典○
(日本)
第6試合 ライト級/5分3R
×ポール・ケリー
(英国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ジェイコブ・ヴォルクマン○
(米国)
第5試合 ウェルター級/5分3R
×ダマルケス・ジョンソン
(米国)
2R4分29秒
TKO
詳細はコチラ
マチュー・リデル○
(米国)
第4試合 ミドル級/5分3R
×ジェイムス・アーヴィン
(米国)
1R2分29秒
リアネイキドチョーク
詳細はコチラ
イゴール・ポクライェク○
(クロアチア)
第3試合 ミドル級/5分3R
○ブライアン・スタン
(米国)
3R3分10秒
三角絞め
詳細はコチラ
マイク・マセンジオ×
(米国)
第2試合 ライト級/5分3R
×ダレン・エルキンス
(米国)
1R41秒
腕ひしぎ十字固め
詳細はコチラ
シャーウス・オリヴェイラ○
(ブラジル)
第1試合 ミドル級/5分3R
○ロブ・キモンス
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
スティーブ・ステイベイス×
(米国)

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie