この星の格闘技を追いかける

【World NO GI 2019】LF級はシセロ・コスタ勢がドミネイト。イアゴが決勝クローズアウトで優勝

12日(木・現地時間)から15日(日・同)にかけて、カリフォルニア州カリフォルニア州アナハイムのアナハイム・コンベションセンター・アリーナで行われたIBJJF主催の世界ノーギ柔術選手権。レビュー3 回目は道着=ムンジアルに続きシセロ・コスタ勢が席巻したライトヘビー級の模様をお届けしたい。


<ライトフェザー級準々決勝/10分1R>
ジョアオ・ミヤオ(ブラジル)
Def by 13-2
リチャード・アラルコン(米国)

この大会2連覇中にして、今年は仲間三人とのクローズアウトという形で世界柔術初制覇を果たしたジョアオ・ミヤオ。今回は初戦において、コンバット柔術王者にして今年のADCC世界大会でジアニ・グリッポを倒す殊勲の星を挙げたリチャード・アラルコンとの注目の対戦が実現した。

テイクダウンを警戒するミヤオと、ミヤオに引き込まれることなくテイクダウンを奪いたいアラルコンが、驚くほど遠い間合いで様子を伺う。お互いにペナルティをもらって、ようやく近づいた両者。引き込むミヤオに対して、アラルコンが飛び込んでテイクダウンを合わせたかに見えたが、レフェリーのポイント宣告はなし。

ミヤオはすぐにアラルコンの右足に絡むと、回転してアラルコンの体勢を崩してからアキレスグリップを取り、そのまま立ち上がって2点を先制。上からパス狙いを見せるが、アラルコンも距離を取って立ち上がった。

スタンドではまたしても遠い間合いをとる両者。ミヤオは組みついてからの引き込みを狙うが、アラルコンは距離を取ってそれを許さず。逆にダブルレッグで飛び込む。一度はスプロールを試みたミヤオだが、あまり無理せず下に。これでアラルコンが同点に追いついた。

クローズドガードを取ったミヤオは、再び旋回してアラルコンの右足を手繰り寄せ、崩して上を取って2点を追加。下になったアラルコンもすかさずスクランブルを試みるも、ミヤオがスプロール。それを嫌ったアラルコンが頭を振り解くと、すかさず座るミヤオ。この巧みな動きをもって、ミヤオは失点せずに下の体勢を取ることに成功したのだった。

そこからジョアオはアラルコンの左足に絡んで崩し、上を取ってリードを広げる。さらにハーフで低く胸を合わせるようにプレッシャーをかけたミヤオは、返そうとするアラルコンの動きに乗じてマウントに移行。パスガードとマウント奪取の両方で7点を追加して、13-2と大量リードを広げた。

有利な体勢をキープしたさらに返そうとしたアラルコンの右腕に十字狙い。

グラップリングシーンで頭角を現してきたアラルコンに対して力の差を見せつけたミヤオは、続く準決勝ではアンソニー・オリヴェイラ相手に50/50から上を取ると、ダイブしてバックを奪ってチョークを極めて3分足らずで圧勝。

もう一つのブロックは、後輩のジョナス・アンドレイジが辞退したため準決勝から登場のイアゴ・ジョルジが、エドウィン・オカシオに強烈なプレッシャーからのパスを決め、バックを奪ってからの前三角絞めで完勝。結局下馬評通りにミヤオとジョルジのシセロ・コスタ勢がクローズアウトを決めたのだった。

■ライトフェザー級リザルト

優勝 イアゴ・ジョルジ(ブラジル)
準優勝 ジョアオ・ミヤオ(ブラジル)
3位 エドウィン・オカシオ(ブラジル)、アンソニー・オリヴェイラ(ブラジル)

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie